41lj%2b8oqpql

遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた-慎み深い拍手で始まる朗読会。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは、人質たちと見張り役の犯人、そして…。人生のさ... 続き

コメント

日常に埋もれて見失ってしまいそうな細やかな美しさに小川洋子さんはコトバを使い息吹を吹き込んでくれる。短編集のようでありながら、これまで関わりあいのなかった人達が人質という形で出会い語っていく各々の話。どれも美しくて人の数だけ物語があるんだと思わせてくれる。

その他のコメント

悲惨な現実を前提に語られる、どこまでも密やかな幾つかの話。

読者

5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholder012ca461 9941 4793 9285 39d36b4c25fb789da178 f7ba 431e 95b9 ca3320650e02Ae8d77ac df5f 4a48 bf06 bb275024f3ef06cf8156 1307 4078 b445 4609e955f232648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07bIcon user placeholder 24人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

約2か月前

ことり

ことり

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

3か月前

6b235e15 d518 47e4 92fc 833f3badd0ef677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd63af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde 9