418rrdxrc l

有り体にいえば雑談である。しかし並の雑談ではない。文系的頭脳の歴史的天才と理系的頭脳の歴史的天才による雑談である。学問、芸術、酒、現代数学、アインシュタイ... 続き

コメント

その他のコメント

文理の知の巨人の対談は、対立というよりも共感の連続。自分の好きを貫けば、別の好きを貫いた人に自然と出会えるような気がして励まされた。

非常に示唆に富む内容で、半世紀を経た現在でも刺激的な普遍性。何度も読み返したい。

読者

9f07f1ed fea7 4553 b8ca d8123b7dc4fbCb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bDaa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba6590b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafd6ad64330 a2c5 47a0 99b2 28d53bbb2f84Icon user placeholder5ec01095 2a20 46d6 b54c e53256525f5fIcon user placeholder 68人

小林秀雄の本

ドストエフスキイの生活

ドストエフスキイの生活

Icon user placeholder

オヅケイ

小津景

ドストエフスキーの人物像が気になったので読んでみたら、面白いこと。ロシアの文化の一側面と文豪の波乱に満ちた人生を体験できる。 やや、作者の側面が強いがそれは個人差かと

10か月前