51rponac4%2bl

謎に満ちた女・菱野時江とは何者なのか――。 突如、連絡が取れなくなった時江の消息を追う二人の友人、渋崎咲子と古河内栗美は、携帯端末のSNSを頼りに彼女の... 続き

コメント

読者

687209d1 a652 4449 946e 049464bfe93998ece5cc c795 48ca b5da 2e815eb9f8bbA91cde78 7eb0 4b92 9753 32f604937345 3人

木下古栗の本

グローバライズ

グローバライズ

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376

tomo

本が大好きです。

某バラエティー番組で、某女性芸人が「どんでん返しがあって面白い」というような事をおっしゃっていたので、それに釣られて買ってみた…ものの…。 特にどんでん返しもなく(私が気づいてないだけ?)、読み終えた。 そしてこの本は、読み終えるのにとても労力を使う。読みづらいとかではなく、難しいとかでもなく、とにかく疲れてしまう。 本を読みながら吐きそうになったり、意味のありそうでそれほどない言葉が永遠と続いたり、脈絡もなく残虐になり、そんでもって突然のジェローム!読んだことのない文章に翻弄されてしまう。 それでも、それでも、最後まで読めば、この訳のわからない内容が解明されるのでは!?だってあの芸人さんはそんな感じで言ってたような…と、それだけを励みに読み続ける。 けれど結果は前述した通り。完全に裏切られた気持ち。 私なりに理解したことは、「本を読む」ということに、価値を見出している人、意味を求めながら読んでいる人を、嘲笑うかのような、そんな本なんじゃないかなと思う。と、こうやって何かしら結論づけたいと思うこの感じも、この本からしたら無意味なのかもしれない。 圧倒的虚無感に読後襲われ、この虚無感をどうすればいいのかわからず、また虚無になる、そんな本だった。 人にお勧めすることは、私はないと思う。 後、体調の悪い時、お食事中に読むことも、おすすめできない。

2年前

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad9a434508 7b20 45d3 b8ec 6e95bf213487 11