51cwfb87nml

コメント

発達障害の子には原始反射が残っていて、この「やり残し」を使い切ることで発達する。という考えに共感。治すことより、どう関わり、どんな支援をすれば、その人の発達を促すことができるか?ということがわかりやすく書かれています。これは発達心理学でも同じで、問題にフォーカスせず、一緒に遊ぶことで、カラダを使うことで、脳に新しい情報を提供する。脳は大脳皮質(言語)、大脳辺縁系(感情)、脳幹(行動、ふるまい)これらで出来ていて、上位を使うほど、人間脳でありながら、まさに上辺だけになる。信念というのは現行一致であり、それは、この三者の調和がもたらすという考えも、とても共感できます。この本には人との関わりのたくさんのヒントが隠れています。
とても参考になりました。

読者

24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be739

人文

本棚三昧

本棚三昧

06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb67

コワルスキー

ブックオフに生息してます。

本棚の写真集です。 なんとなく書斎に憧れてるます。 高田純次さんが本沢山読んででビックリ。 高田さんの本で笑ってた自分としては、 やっぱり沢山読んでからあんな面白白かったのか。 妙に納得したところ。 「人の本棚、お腹いっぱい見てみたいよなぁ。」 名言だ。

約10時間前

はじめての編集

はじめての編集

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0131 2019/08/19読了 編集好きだったのに、今は興味がなくなってしまったのか? 全然頭に入っていかなかった。 でも6章と補講は刺さったかも。 作ることに対して前向きになれた気がする。 新装版も出ているみたいなので、また読み直したい。

1日前

7fc06652 becf 4b23 b169 6905f51c5735D5061594 40e8 4e46 859c 9c57e2e0b35e4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 27