Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
617r jlzirl

孤高の赤、哀川潤(あいかわ・じゅん)。 彼女の『今』が語られる。 《最強》シリーズ、開幕! 「あーあ、つまんねーの。自殺しよっかな」 人類最強の請負人・... 続き

コメント

哀川さんの一人称小説。
語りかけられているようで面白い。
が、その分言葉遊びは少ない。
戯言シリーズを読んだ人の方が楽しめるかも。

2015/05/15 読了。

異能バトルものかと思ってたら、わりとクラシカルなSFでした。

知ろうとすること、の前に、知ってもらおうとすること、に、向き合うことの本質があるような気がして。

戯言シリーズが好きで、哀川潤が好きなので読んでみましたが、、哀川潤は語り部には向いてないのかなー、という印象です。西尾維新の作品は、登場人物の会話が楽しいはずなので、一人称だと限界があるのかもしれないですね。

読者

F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef3194171de8 5438 49c1 8abb 2d6ff611737a2b8a29b4 527f 464e b02f a04364c6677c1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a265af4a47 6844 4897 8fd5 1beb1a2ad7d844bb1eaf 2cdb 40ce bca8 1b90ebd338602e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a8 10人

西尾維新の本

きみとぼくの壊れた世界

きみとぼくの壊れた世界

07799f95 8144 40d8 92d4 f66fcfefe7ee

金木犀

本に埋もれて死ねるのなら本望です

西尾維新さん特有の、限られたキャラクターしか登場しない世界観の中で繰り広げられるミステリー。しかしこの見事に歪んだ人間関係が私の好みにぴったりはまった。やはり巧みな言葉遊びと個性の強い探偵役:病院坂黒猫の魅力に心奪われた。定期的に読み返してしまう。

8か月前