617r jlzirl

孤高の赤、哀川潤(あいかわ・じゅん)。 彼女の『今』が語られる。 《最強》シリーズ、開幕! 「あーあ、つまんねーの。自殺しよっかな」 人類最強の請負人・... 続き

コメント

哀川さんの一人称小説。
語りかけられているようで面白い。
が、その分言葉遊びは少ない。
戯言シリーズを読んだ人の方が楽しめるかも。

2015/05/15 読了。

異能バトルものかと思ってたら、わりとクラシカルなSFでした。

知ろうとすること、の前に、知ってもらおうとすること、に、向き合うことの本質があるような気がして。

戯言シリーズが好きで、哀川潤が好きなので読んでみましたが、、哀川潤は語り部には向いてないのかなー、という印象です。西尾維新の作品は、登場人物の会話が楽しいはずなので、一人称だと限界があるのかもしれないですね。

読者

94171de8 5438 49c1 8abb 2d6ff611737aIcon user placeholderB91ba929 de95 4ce5 b8c6 9f409a93391fF5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef312b8a29b4 527f 464e b02f a04364c6677c1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a265af4a47 6844 4897 8fd5 1beb1a2ad7d8 12人

西尾維新の本

西尾維新対談集 本題

西尾維新対談集 本題

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

作家として名が売れる事で、周りから様々な評価を受けることになる。血の滲むような頑張りをしているのに、「才能」という言葉だけで片付けられてしまうのは正しくない評価だなと感じた。 西尾維新さんが対談した作家さんも好きな人は、是非読んでみられると、グッとくるものがあると思う。作家という仕事を知る上で分かりやすく、とても参考になる本です。

26日前

Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d6600a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920A1f4c874 7f35 4f8d 8d80 d237a9476a39 12
化物語(下)

化物語(下)

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

ひたぎとのエピソードがもっと読みたいところです。好きなキャラと好きになれないキャラがいるのは、戯言シリーズと同じ傾向です。こんだけ、キャラがぶっとんでるから、きっとみんな同じですよね。

6か月前

Icon user placeholder1b6c4080 a829 4171 938b 0ef1cf374c52271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a715 14
掟上今日子の備忘録

掟上今日子の備忘録

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

ドラマで見ててやっと文庫が出たので買いました!紺藤さんと話す厄介の口調に違和感はあるけど、作品として面白かった!これから、どれくらいのスケジュールで続きが文庫化されるのか楽しみです!

6か月前

B376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24A9a5eb1f 7410 4504 9533 e2b0641d6612Icon user placeholder 9