51wvr42 osl

コメント

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。
こんな介護の仕方があるのかと驚きました

友人にススメられて読んだ1冊。

生きているということはどういうことなのか
考えさせられました。

中盤までは娘への執着が強い母親の印象だったけれど、終盤につれて心がほぐれて、エピローグでとても温かい気持ちになりました。

泣いた
考えさせられた

脳死は人の死か
何を持って生きていると判断するのか
臓器提供の在り方とは

読者

4ac7dafc 60ec 4fd9 97c4 f69d379c86a9B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da458f54bf 27b0 432c b1a2 212f7d11f31aC85cacc0 63d2 44b0 bb5f 963d98466da9Icon user placeholder80760730 893a 46f7 96b3 ffb0a5e7d7e8Icon user placeholderIcon user placeholder 46人

東野圭吾の本

虚ろな十字架

虚ろな十字架

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

「死刑制度」「償い」がテーマ。(オウム真理教13人の実刑により考えてみようと…)お腹の奥底に重い石を投げ入れられた苦しい気分。考えれば考える程に答えが出ない。被害者も加害者も周りの人も、すべての人の些細な感情の動きを自分も持ち合わせている事に気づく。誰にもなり得る自分が怖い。

約2か月前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f18a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d 26
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

4か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder8bd9796e b8db 4f04 b36a 9f5621cc3854 73
危険なビーナス

危険なビーナス

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

毎回楽しく読ませていただいています。 今回の主人公が珍しく俗っぽいのは、冒頭から違和感満載なのを誤魔化すためでしょうか? 最後は社会派ミステリのような感もありますが、やはり面白いです。

5か月前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f14e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529fB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee 13