51wvr42 osl

コメント

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。
こんな介護の仕方があるのかと驚きました

自分にも娘がいるので、読み始めは娘に重ね合わせてしまい電車内でポロポロと涙が溢れてしまいましたが、読後はすっきりとしてむしろ希望を感じられました。

友人にススメられて読んだ1冊。

生きているということはどういうことなのか
考えさせられました。

中盤までは娘への執着が強い母親の印象だったけれど、終盤につれて心がほぐれて、エピローグでとても温かい気持ちになりました。

人の死について考えさせられました。ミステリーではないかな

自分には妻も子供もいないが、同じ状況になったらどうなるか想像もつかなかった。何が正解かもわからない。規則は結局は物事を進めるための取り決めでしかなくて、人間が納得するかとか満足するかとか関係なく、だから正解とも思えない。幸せに定義はない。同様に、不幸の定義もないんだ。自分が納得できるのかを考えることをやめてはいけないんだ。

泣いた
考えさせられた

脳死は人の死か
何を持って生きていると判断するのか
臓器提供の在り方とは

読者

Icon user placeholderF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec037272b4 36ec 4d4e 8986 1219f151b450D186e399 1304 4e82 b92c a815c9d4787f41d0973a 25be 473f a7f0 871aea3e22b628e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6aBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd 83人

東野圭吾の本

探偵倶楽部

探偵倶楽部

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

色んな目線から書いているところが飽きが来ない! どの話も人間ドラマがよく描かれていて、どんでん返しが来るよく仕組まれたトリックも文句無しでした。文も読みやすく、すごく面白かったです。

22日前

3c7075ea f09f 43de 9f5d 2e48b1586e1eC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249910870dad6 67f8 4f30 813d 563bc051dd0a
鳥人計画

鳥人計画

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人はコーチと判明。一体、彼がどうして。一見、単純に見えた殺人事件の背後に隠された驚くべき「計画」-踏切のタイミング、空中姿勢、風圧、筋力、あらゆる要素を極限まであの男のデータに近づけよ。「計画」は極秘のうちに進行しつつあった…。拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる構成の本格スポーツ・ミステリー。

2か月前

8703bfb0 92ea 4aab 8e09 297fcdc0d8857262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d27bf5885 8aa4 43d9 b152 506c814daece 9
十字屋敷のピエロ

十字屋敷のピエロ

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

ぼくはピエロの人形だ。人形だから動けない。しゃべることもできない。殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば…しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の新感覚ミステリー。

2か月前

25e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Fa1d4e69 319a 436e bec7 2d60ce37b8d7 12