51e4ybjsyal

娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の二人。彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前だった。娘がプールで溺れた-。病院に駆けつ... 続き

コメント

東野圭吾の本はエンディングがいい 今回もまた深く考えさせられました

その他のコメント

ロボット化の進む現代の医療と介護。当たり前の事だが、ロボットは人には成り得ない。
でも私達は、人の意思と単なる電気信号がいかに大きく異なるか、忘れてしまうことがあるのかもしれない。

あらためて一つの命の重さについて深々と考えさせられた。

最近の作風はこんなだったのか、と良い意味で唸りました。
テーマは、重く、ミステリーではなく、ややSFファンタジー?も入った感じです。
最後、丸く収めてるのはいつものパタンで、安心です。

読者

Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1Icon user placeholderC424a61a 1d94 40f4 a0e1 1f1328a09667648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc20fd71ea 3c1d 489d 8d3a e1e97fc8e823F47d0951 7455 4e86 b9c7 8bcd46ae10b35e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41 60人

東野圭吾の本

鳥人計画

鳥人計画

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人はコーチと判明。一体、彼がどうして。一見、単純に見えた殺人事件の背後に隠された驚くべき「計画」-踏切のタイミング、空中姿勢、風圧、筋力、あらゆる要素を極限まであの男のデータに近づけよ。「計画」は極秘のうちに進行しつつあった…。拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる構成の本格スポーツ・ミステリー。

1日前

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d27bf5885 8aa4 43d9 b152 506c814daece640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 8
十字屋敷のピエロ

十字屋敷のピエロ

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

ぼくはピエロの人形だ。人形だから動けない。しゃべることもできない。殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば…しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の新感覚ミステリー。

1日前

Fa1d4e69 319a 436e bec7 2d60ce37b8d7A9a02027 a076 40a9 8169 a19ebef08e883f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b 10