51e4ybjsyal

娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の二人。彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前だった。娘がプールで溺れた-。病院に駆けつ... 続き

コメント

娘の死を認めたくない気持ち。
やれることはやりたいのが親心。
それが行き過ぎると薄気味悪い。
でも誰に何を言われようが、一つ一つ決断していく姿が美しくもあった。
娘にとっても母にとってもこれが最善の方法だったんだと思う。

その他のコメント

ロボット化の進む現代の医療と介護。当たり前の事だが、ロボットは人には成り得ない。
でも私達は、人の意思と単なる電気信号がいかに大きく異なるか、忘れてしまうことがあるのかもしれない。

あらためて一つの命の重さについて深々と考えさせられた。

最近の作風はこんなだったのか、と良い意味で唸りました。
テーマは、重く、ミステリーではなく、ややSFファンタジー?も入った感じです。
最後、丸く収めてるのはいつものパタンで、安心です。

読者

3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc20fd71ea 3c1d 489d 8d3a e1e97fc8e823F47d0951 7455 4e86 b9c7 8bcd46ae10b35e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41A287ba40 2de9 4e39 ab54 3b4ed1c5db4a79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bdDb0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b196d9eb82 02f3 4291 bec8 66218231a937 56人

東野圭吾の本

虚ろな十字架

虚ろな十字架

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

「死刑制度」「償い」がテーマ。(オウム真理教13人の実刑により考えてみようと…)お腹の奥底に重い石を投げ入れられた苦しい気分。考えれば考える程に答えが出ない。被害者も加害者も周りの人も、すべての人の些細な感情の動きを自分も持ち合わせている事に気づく。誰にもなり得る自分が怖い。

約2か月前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f18a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d 26
人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生② 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

2か月前

E143de23 46db 450c a591 eeeac8719034E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0320944d0 234b 4386 9685 e8dc4aceddd9 51
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

4か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder8bd9796e b8db 4f04 b36a 9f5621cc3854 73