51rw 3jovvl

ただただむなしいとき、おいしいものにであえた日、 年齢を感じる瞬間、町で出会った人、 電車の光景、そして肉親との別れ。 2コマで終わる「今日」もあれば、... 続き

コメント

毎日の小さな気付きを大事にして、時々深掘りしてみる。小さなラッキー、小さな笑い、小さな怒り。すべての積み重ねが創作に繋がっていくのがわかります。このサイズの幸せってホントに幸せ〜って感じがします。

その他のコメント

酸いも甘いもしょっぱいも、全部人生。
人生一度きり。歩け、歩け。

心に残った言葉。"映画や、言葉や芝居や そして、本を読むことは 自分の世界に「手すり」をつけている そういうことなのかもしれません"

モブキャラクターの描き方どうなの〜⁉︎と思ったけれど。ま、いいか。

読者

C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cIcon user placeholder26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8Aff68c67 a227 48c6 9f5f a027acb0d1a0018019b7 c2cb 4729 91bf a3c53d4f587a574ad60b bc3a 460b 8eac 6a5d14683fdf4ac310d5 6dc3 4b30 9a47 9afdf3f59e54Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269 51人

益田ミリの本

永遠のおでかけ

永遠のおでかけ

40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609

ほんのむし

2018年39冊目。‘かなしみに、空腹を強制してはならない。’誰かの死を、悲しいものにし過ぎなくていいのかもしれないなあ。でも、やっぱりかなしいよね。むずかしいね。20180306

4か月前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67D7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0Eb0856a4 a9fa 40fb 91a3 05560aa48ea1