41v1ka6acql

アンジェリーナ・ジョリーと比べない。「そんなことは知らん」と唱える。自分の取り扱い方法を周囲に伝える。「いいこと日記」をつける。小説の主人公になりきる…e... 続き

コメント

作者のさえりさんのTwitterをフォローしていて、本が出ると聞いて、発売日に買ってきました。エッセイというくくりなのですが、どちらかと言うと、自分を楽にするための方法が書かれている一種の自己啓発書みたいだなと思いました。
私が好きなのは「悩むときはやらなくていい」と「『無理だったらやめる』と気楽にはじめる」かな。転職後なかなか仕事ができなくてうつむきかけな自分にはとても心地よい言葉でした。
あぁ、今日もうまくいかない、きっと明日もうまくいかない。。なんて負のループに陥りそうになったとき、改めて読み返したい本でした。

共感できるところ、普段自分が実践していること、重なる部分がとてもあった。

言葉がとても柔らかくてすんなり入る。

今の私のカサカサしていた気持ちをゆったりとほぐしてくれる言葉たち。何回も何回も読んで、自分の心に、日常に少しずつ染み込ませていけたらいいな。
どうか多くの頑張り屋さんに、届きますように。

読者

B1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf2767B59c3c72 e570 471f b3d9 053b2aa65bbe3d2b30bf 60e2 4dfa 94fe cbca04ab8401A550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087bB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24A9058729 9f69 4b7b a570 cdfc4563451eD9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb2396581E3a983cb 8ada 46dd ab9d ce649077ee79 22人

夏生さえりの本

やわらかい明日をつくるノート ~想像がふくらむ102の質問~

やわらかい明日をつくるノート ~想像がふくらむ102の質問~

Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269

M.A

TOKYO /

さえりさんの、やわらかな言葉がたくさん詰まっている本。 「未来のために今があるのではない、今の先に未来があるのだ」 思わず泣きそうになった。 何かしなくちゃ、このままではいけない、前にもっと前に進まなくちゃ、こんなはずじゃない、もっともっと何か… とこの2ヶ月ずっとどこかで焦っていたような気がする。焦っているのに、からだが思うように動かない、心が思うようについていかない。そんな毎日だったように思う。 そんな時に買ったこの本。 救われた。 「遠くを見て、それに向けて駆け抜けるだけが未来のつくり方じゃない。」 そうわたしも信じたい。

約1年前

7c614f67 6b1b 46b1 baf2 2e7b6cbf37304551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4afIcon user placeholder 36