51rl0uey6vl

同じ道を日々歩き、新たな発見をする。 晴れの日も雨の日も雪の日も、 あるいは実母が亡くなった翌日も、 毎朝同じ道を散歩する著者。 いつもと同じ人とす... 続き

コメント

警官の笑顔。人間の生々しい恐ろしさ。想像力。

その他のコメント

すれちがうひと、触れる変化とかわらないこと。あれこれ想像しながら散歩にでたくなる。

毎朝歩いている。それのみを描いているのに。面白かった…。

読者

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa561212425 4000 48e2 8798 e84ff2fb487f8a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e9597674add45 e866 4945 a02c 16b1781cfdfeBccb4271 4542 4aff a345 abb7fe2e09adAdae2b7e 4e6a 44ba a7ad 006881776038 6人

いがらしみきおの本

羊の木(1)

羊の木(1)

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

「伊集院光とらじおと」ゲストとして作者登場で紹介されていた作品、ブックオフ100円ならと購入して読み終わる。アシの吉井ちゃんがすごい顔して読んでるとダンナさんに言われる理由がわかる緊張感。2巻フツーに買いに行く。

2年前

ぼのちゃん

ぼのちゃん

Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告作っ…

誕生日のプレゼントに頂いた。 ただ生まれてきただけで、そこにいるだけ、歩けるだけで、喜んでもらえるっていうのは、 人生のいつ頃からなくなってしまうんだろう。 そんな単純で根源的な喜びに満ちている本。 できるだけ、人に対してもそんなおおらかな気持ちを忘れないようにしたい。 子供欲しくなる。

約3年前

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60F2e044a9 dbfb 4bbc 96d9 aa62ce5e300f91d29260 9261 4bdc a622 3827191fed01
冬の本

冬の本

Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e

Aki Hoshino

本と本屋がすき。

すてきな装丁 シンプルなタイトル 冬、あったかい部屋でブランケットにくるまって読みたい。

約4年前

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acIcon user placeholder 9