51c%2b35jez l

町会館の清掃中に本棚で見つけた『今昔奇怪録』という2冊の本。地域の怪異を集めた本のようだが、暇を持て余した私は何気なくそれを手に取り読んでしまう。その帰り... 続き

コメント

第16回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作。
ハイカラな怪奇ものではなく、地に根ざしている不可解なモノへのホラー感のある作品だった。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad47d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf014253d4 6080 4951 9119 24735184a696C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a222f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c5797837b5a7494 d19d 4ce7 83e5 dc8e14676329 6人

文庫

太陽のパスタ、豆のスープ

太陽のパスタ、豆のスープ

9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8

幾望

3匹の猫のお母さん。

私毎日何やってるんだろう状態になった時、手に取る本です。 突然の婚約解消に落ち込む明日羽。叔母のロッカさんに言われるまま自分が欲する事のリストを作成し、それを実行にうつす。溺れかけた明日羽は水面に顔を出せるようにジタバタ、ジタバタ。そんな明日羽に、家族、ロッカさん、同僚、友達、ライバル達の叱咤激励。 そして、もがいた先に湧いた感情。「豆」探しへの前向きな気持ちと「もう一切れのパン」の存在に気付いた感謝の気持ち。 うつむかないでいよう。前を向いていよう。 励まされます。

約4時間前

Icon user placeholderB29e155a e33b 458b bbc1 9492fdd540cb15208f6c 0d5f 4af4 ad15 6f11ac96c5ef 46
時の娘

時の娘

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

推理研究会に入会を機に、読書魂に…

研究会 9月課題本で読書。 現場主義の警部が入院という設定で進み、スタイルはホームズとワトソン風。 起承「承」結という感じだが、「転」がなくともきちんと読ませてくれる。 「結」が物足りないと評する人もいるが、私は歴史上の発見が推理小説で発表されるとは思わないので、納得の終わりだった。 問題なのは薔薇戦争に馴染みがなく、同じ名前の何世がゴチャゴチャになり、何度も家系図をめくる。 日本史の南北朝時代のイギリス版といえばわかりやすいか。 歴史好き、イギリス好きは面白いといい、ロジック好きはつまらないと意見が割れた。 私は面白かった。

約24時間前

75979b9d 65f7 4445 a7b4 41fb5e93f4c8Icon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
絶対城先輩の妖怪学講座 十一

絶対城先輩の妖怪学講座 十一

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

白澤まで片付いちゃって、次はどうするんだ?と思ったら、次で完結ですか!よい終わり方をしてくれそうなので、最後まで楽しみです。 今回はユーレイちゃんと先輩の距離感が変わったという点で大事な巻ですねーやっとここまで… というか、あの瞬間は計算だったのか本能だったのか。どっちでもいいか!ご馳走さまです。

1日前