9784041080450

「そうですね。その河童が――誰かと云うことです」 「河童が誰かって、中禅寺さんあんた」 小山田は顔を顰めた。 昭和29年、夏。 複雑に蛇行する夷隅川... 続き

コメント

人は欲深く、罪深いものです。
いつも事件に関わってしまう女学生の美由紀さんが登場。中禅寺敦子さんがやんわりと謎を解きます。

その他のコメント

中禅寺敦子vs河童

読者

778bb260 7158 4c56 8388 1fcc6a5278dfA209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc6561525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4815ce226 c012 4ccf 826a f4183ff80f9d6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455f68cf50e6 a041 456b 916e 9f6380044ab6 6人

京極夏彦の本

まよいが

まよいが

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

京極夏彦の「えほん遠野物語」シリーズの一冊。 山深いところにある。無人のお屋敷。 そこに迷い込んだものは幸福になれる。 川から流れてきた椀。 これで米を救うといつまでも米が無くならない。 比較的よく聞くタイプの昔話が収録されている。 近藤薫美子の柔らかなタッチが良い雰囲気。 描かれる、精霊?妖怪?たちがかわいい。

4か月前

やまびと

やまびと

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

京極夏彦の「えほん遠野物語」シリーズの一冊。 遠野の山に潜む「やまびと」のお話。 異民族なのか、妖怪なのか。 目の色が違う。背が高い。 山に入った子供や女を攫う「やまびと」。 彼らは何者なのか。 その正体は明かされず、不思議さ、怖ろしさだけが残る。

4か月前

今昔百鬼拾遺 天狗

今昔百鬼拾遺 天狗

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

三社横断三ヶ月連続刊行。最終刊 「天狗」ムカつく事件でしたが、胸がスカっとしたラストとなりました。 駒合わせの感じで、推理は進みますがややこしくなるばかり。 敦子がそこの所を丹念に、整理して事件を解決します。

4か月前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65694914b67 7a67 47c2 a342 8f4efab80dedCbd54494 4261 4f47 b8d2 d5ed379228dc 10
今昔百鬼拾遺 鬼

今昔百鬼拾遺 鬼

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

京極堂の妹が探偵役である。 事件は人間が起こすもので、解決する。しかし、その裏で流れているものが不気味だ。 表紙をとくとご覧あれだが、良いのだろうか?京極先生が伝えたいことは、だぶんそんな事では、ないのだろうな。

5か月前

56210284 c42b 444f a012 699dde075310A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65687d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d 9