Btn appstore Btn googleplay
9784041080450

「そうですね。その河童が――誰かと云うことです」 「河童が誰かって、中禅寺さんあんた」 小山田は顔を顰めた。 昭和29年、夏。 複雑に蛇行する夷隅川... 続き

コメント

人は欲深く、罪深いものです。
いつも事件に関わってしまう女学生の美由紀さんが登場。中禅寺敦子さんがやんわりと謎を解きます。

その他のコメント

関東の地名が多くて、馴染みがないので話に入り込むのに時間がかかった。
多々良は今で言う発達障害者に感じるなぁ……。
戦後にまつわる話が多くて、遠い過去の話にも感じた。
結局、連続水死体は宝石を探そうとした、ただの水死体でしかなくて残念。
川瀬香奈男は様々な金や名誉によるゴタゴタを見てきて、諦観しているようにも感じる。
最後に、遺体となった父と母を池から掬い出そうと決心した香奈男は、やっぱり両親への愛情はあったんだなぁ、とやっと香奈男が救われた気がした。
関東の風景の描写が多くて、前の「鬼」のほうが面白かった。

中禅寺敦子vs河童

読者

Be36368f 287b 4b67 9606 3b8972b2ff9b19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a778bb260 7158 4c56 8388 1fcc6a5278df1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4815ce226 c012 4ccf 826a f4183ff80f9d6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455f68cf50e6 a041 456b 916e 9f6380044ab6 7人

京極夏彦の本

続巷説百物語

続巷説百物語

3ac63efa 7036 47d7 bbc1 e729b86b4ce6

anon

中島敦が好きで、何百回も読み返し…

この方の、湿度を感じる文章が好きで、ほぼ全て読んでいる。 ただ、涙が出そうになったのはこの本だけ。 「いちばん好き」と言うと語弊があるかも知れないが。 物語の終盤で、バラバラに見えていた事象が鮮やかに結ばれて回収されていくのは、京極夏彦さんの作品を読む上での快感だと思う。 だがこの本だけは、終わりに向かう程にやるせなくて。 この登場人物たちの行き着く先はこの形しかなかったのだろうと理解はできているのに、 終わりを見るのが辛くて、ページを繰る手を止めたくなる。 それでもきっと何度となく読み返してしまうだろうな。

7か月前

1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25Ff2bc3d6 3a0c 4b07 bdb5 15b58c550c8d7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7
前巷説百物語

前巷説百物語

Icon user placeholder

ミゾロ

サンボマスターが好きです

小股潜りの又市が何故御行姿になったのか。 全ての物語に続く序章。ぐいぐいと引き込まれ、一気に読んでしまった。 京極さんの作品は登場人物一人ひとりが確かに息をしてそこに居る。だから恐ろしいし悲しいのだと思う。

7か月前

96977a0d 62d9 4140 94c7 f1f8cc728dc2F0b75bb5 b2a5 4a87 abaa 882a018db8a8
アンカット特装版 魍魎の匣

アンカット特装版 魍魎の匣

A80b23ae d6c3 4088 909d e7a4fd93be4f

白鯨

作品を楽しみ、その感想、考察を漏…

前作の科学とオカルトが程よく混ざった空気感 から少しだけ内容物が変わり、 今回はよりアカデミックな様相。 一人の男の、いや、他にも何人か、の妄想から 端を発し、様々な疑念、妄念、執着が入り乱れ、 それら全てが一箇所に、一人に、一つの匣に帰結。 いくつもの小さな小川が一つの大きな河に合流、 ではなく、 最終地点は人が近寄らない古森の奥にある 不気味な湖。 そこの空気は暗く淀んでおり、 湖面も濁り奥は見えない。 しかしその湖底には何かが、得体が知れない何か、 覗き込んではいけない、触れてはいけない何かが。

7か月前

地獄の楽しみ方 17歳の特別教室

地獄の楽しみ方 17歳の特別教室

Icon user placeholder

ミゾロ

サンボマスターが好きです

京極夏彦の小説でない文は、久しぶりに読んだ。 対決しないで勝負自体を無効化する。そんな事が現実でできるようになったら素敵な事だと思う。言葉の技術を磨きたくなる一冊だった。

8か月前

Qvbsav81 normal8210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e8F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0