51qqedjbzwl

仏像の「町医者」、三十数年の記録。新・仏像考、新・文化財考! 続き

コメント

地域の人々の信仰、美術的価値、「文化財」行政の狭間で、修復家は仏像の「オリジナル」の姿と同時に「過去の修復者」にも出会う。修復の技術論も面白く、震災のエピソードも胸打ったが、思わぬ日本の近代史の裏面が描かれている。皆さんの町の一番歴史ある小学校も、神社の隣にありませんか? それは消えた寺院の跡地で、生き延びた仏像がどこかで修復家を待っているかもしれません。

読者

1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d

文学

機捜235

機捜235

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

定年間近の相棒、縞長さんが事件を解決に導いていく。 刑事として人間として、事件との向き合い方を教えてくれる素晴らしい人物だ。事件が9編 高丸と縞長のコンビがこれからも楽しみだ。

約12時間前

あひる

あひる

55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専…

いろいろと意味を考えながら読むが、私にはわからないのか、そもそもそんなに深い意味はないのか、うーんもっと気楽に恐怖感?とやらを味わえばいいのか。 「おばあちゃんの家」と「森の兄妹」は連動してる...よね?

約18時間前

Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bEf37a3b0 df68 4698 9ce2 18987b2fa1f5D16a2047 37fc 4190 9b34 2645789c7556 8
作家刑事毒島

作家刑事毒島

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

うーん、痛快でもあり、不快でもある笑 評判良さげですが個人的にはちょっとクドいかな。あまりにもパターン化してる。

2日前