51wo5nsio9l

コメント

成功の反対は、失敗ではなく何もしないこと
昨日と比べてより良い自分になること
シンプルだけど、チャンスを逃さない人になるための方法を教えてくれました
仕事だけでなく、人生に対してワクワクできそうです

もっと大きな見出しとか方法が書かれているけれど、その隙間に「永遠に一時的」という言葉があった。それはこれまでの記憶の波にのまれてもなお、立ち続けた。きっとこれからもそう。

この本のエッセンスを一言で言えば「試行錯誤って大切だよね」って事だと思う。

「試すこと」や「チャレンジ」が大切と漠然と感じている人は多いだろう。

だが、この本が伝えている「試してみることに失敗はない」というメッセージは、もっと鋭くて、明確な軸がある様に感じる。

会話形式の物語なので、非常に読みやすい。
読みやすいけど、その会話の行間や構成を丹念に読んでいくと、とても深いもの包んでいる。

エルモアが「ホーソン工場の実験」をたいせつにしているとか、それっぽいキャラクターのディテールも好き。

マネジメントの知識が多い人で、あの実験に興味が強い人は実際に多いので。

読者

B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f56A9bafdcb ff52 4b99 bd18 c4fd35a5746dA062f24c 81eb 4b62 9e45 1eea7a288d99B524559e 279a 42aa 8b57 2271a5f3dd54B376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e2477d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4D3a1fc53 8970 40a5 9c57 745a78354526B307e392 1cca 43a1 919e 4f40d8e1fecb 51人

デイル・ドーテンの本

『まんがで変わる! 仕事は楽しいかね?』

『まんがで変わる! 仕事は楽しいかね?』

12b011c4 620a 44ff 8a3f 55e3707f7c49

T.S

マンガな分相当手軽に読める一冊。 とにかく何でも試してみる回数を増やすこと、明日を今日と同じ日にしない(脱マンネリ化)ことがエッセンスと理解しました。 絵もクセがなく、ビジネス書のマンガ化としては上手に描かれている印象のため内容がスッと入ってきました。

11か月前

仕事は楽しいかね? 2

仕事は楽しいかね? 2

4f42c677 2f1f 4b12 88d4 1be0475bf81d

Bunzo Tonoike

本を読むのが好きになりました

ほんものの上司とは。 じぶんがほんもの上司にならなければ、ほんものの部下は見つけられないんだろうな。 管理者や自分に部下がいる人、これから上司になる人へのヒントが詰まっていると思う。

1年前

75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03D38c464d 4611 4a24 8823 8fea5cea382dDc1b0189 08a9 4e98 bf46 0b9e96f2d371