51apaz5hr3l

不幸な境遇のため、遠縁の達也と暮らすことになった少年・圭輔。新たな友人・寿人に安らぎを得たものの、魔の手は容赦なく圭輔を追いつめた。長じて弁護士となった圭... 続き

コメント

『代償』ってそういう意味だったのか。第1部は読み進めるのが辛いけど、第2部はページをめくる手が止まりませんでした。著者伊岡瞬さん追っかけます。

その他のコメント

胸糞悪い!達也も道子も本当に気持ちが悪い!と、読んでてすごく怒りがこみ上げてくるような本だった。なんでケイスケはこの道を選んだんだろう、こう考えるのだろう と、世の中にはいろんな考えがあることを思い知らされる。

読者

5020dd43 95c9 4a01 afbf 6ff8e6fa864b052029ef dda7 4173 81d0 754c485703c2Caaa5622 9306 4d5c b511 abed3d2d5d0775e23755 40cb 4cf8 969f 21b5624aecdb458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2Icon user placeholderCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b70937170d921 f67d 4cde a69e a1139f55f9fe 23人

伊岡瞬の本

悪寒

悪寒

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

会社の不祥事のスケープゴートにされて単身赴任、家族の絆が薄れて行く中で妻が自宅で専務を撲殺。夫の恨みを晴らすためか、不倫の清算か、しかし自分が犯人だと名乗り出る者が現れて… 関係者の思惑が様々に入り組んで多くの疑問点が出てきますが、ラスト30ページで全て鮮やかに解決してくれました。 作中に出てきた「中年男の鈍感さは、それだけで犯罪ね」という台詞が胸に刺さります。

10か月前

代償

代償

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

弁護士の圭輔に入った弁護依頼。それは、幼い頃共に暮らし辛酸を舐めさせられた達也からのものだった。狡猾な、達也。弱気な圭輔。考える事を放棄したら真実が見えなくなってしまう。少しの勇気と心強き仲間で、形勢は逆転する。 何事も、一人で抱え込んじゃあいけない。 悪い奴はとことん悪いんだ、胸糞悪いほどに。 達也にバチが当たるって思わないと読み続けられなかったです。

約1年前

03997daf 228c 4249 ad33 063ac91be6491831d34b d79c 4d8f 923a e08ad80c3148Icon user placeholder 13
いつか、虹の向こうへ

いつか、虹の向こうへ

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

第25回横溝正史ミステリ大賞、テレビ東京賞、W受賞作。もちろん、面白い。ジャンル的には、ハードボイルドにカテゴライズされるものだろうけど、日本という文化・風俗の中で成立しにくいというハードルをみごとに越えている印象を持った。 登場人物の誰もが悲惨な過去を持っているのだが、46歳の元刑事は、決してスマートではないけれど、自身の悲しみだけでなく彼に関わる男女の悲しみをも乗れ越えさせるべく奮闘する。その姿に心打たれる。 虹は悲しみの種からできる、悲しみの大きさで虹の大きさも決まる、そんな設定の童話が作中で紹介される。その話が読んだ後も深く心の中に残っている。 果たして、虹の向こうには何が待っているのだろうか?

1年前