51lhp1m3xxl

コメント

鉄、炭素など身近な存在から木星、太陽などの聞き慣れた存在、クォークやブラックホールなどの専門的なものまで、色々な物質がインタビュアーの前に現れてインタビューを受けます。
各物質には性格づけがされていて、それがなんとも愛嬌があっていいです。
中身も、インタビュー方式の形をとっているので会話中心で読みやすいです。
炭素が、鉄がどんな旅をしてきたかなど語ってくれるのは面白かったし、ネガティブな木星の愚痴はかわいいし、太陽の忠告は耳に痛いです。

かわいらしい科学書です。

読者

F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9

科学

51vkxx88qel
84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

一言で言って、アツい。 1600年代、天才フェルマーの遺した、未証明の問題「フェルマーの最終定理」という超難問を巡って、350年の間に世界中の天才数学者達がその命を賭けて解決しようと試みた壮大なドラマ。

5日前

8e44c6d7 cd40 44dc ac36 d9175da0379695ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd
51danrgpfkl
58841a62 2ef2 4f57 bcde 5bef0b76f8f5

ひろ

社会人

読みやすさ★☆☆☆☆ 面白さ☆☆☆☆☆ 感動☆☆☆☆☆ ためになる☆☆☆☆☆ また読みたい☆☆☆☆☆ 統計を継続的に勉強しているので、あまり学ぶべきことはなかったかな?!遺伝的な分野だと最初に一度読んだ方がいいが、統計の学び始めの人が対象だと思う。何年か統計に関わると新たな発見は少なく、また読み物としてもイマイチな気がしました。

11日前

51ix%2bucfotl
099dd5e6 a654 4556 a38a 2d8c84738dcd

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

人間がいなくなれば自然は回帰すると思ってたけど、そうじゃないんですね。もちろん、私たちがいったいどの時代の自然を思い起こしてるからに寄るんでしょうが。

11日前