615ns%2b036wl

八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人... 続き

コメント

「東野圭吾、好き☆」って言うと、なんかミーハーっぽくて嫌だな、と思いつつ著者の作品は、今まで避けてきたけれど、本書を読んで激しく後悔。笑
小説を読みながら声を出す事は、ほぼ無いのだが、本書のどんでん返しには思わず「マジかっ!?笑」と小声でつぶやきました。
必読です。

大どんでん返し!!章のタイトルが結末に結びついててなるほどとなりました。おすすめ

作者の作品は初めて読むが、大変読みやすく、そして面白い。最後は全く予想できなかった...

三ヶ月前に婚約者の朋美を事故で亡くした高之は、仮面館という別荘に招かれる。高之や朋美の親族達が別荘で過ごしていると、突然強盗の二人組が押し入り、彼らは軟禁されてしまう。そんな中、朋美の従姉妹、雪絵が殺される。朋美は本当に事故で亡くなったのか。雪絵は誰に殺されたのか。そして彼らは逃げ出すことができるのか・・・という話。
犯人は正直予想がついた。しかし、ラストでタイトルの意味が分かるところはさすがに分からなかった。してやられた。

読みながら、予想通りだ!と思ったら、最後で「うそ!」てなりました。見事なトリックに騙されました。好き嫌い分かれるタイプの結末だと思う。

お恥ずかしながら、初めて読んだ東野圭吾さんの作品です(´∀`*)

最後で、えーっ( °_° )となりました(♡´艸`)

さすがミステリー大作家、巻末あたりで「おおおー!」と唸ります。
作中ででてくる「あるもの」が、当作品全体を象徴するレトリックとなっていて、なるほどなと思いました。

インスタント・エンターテイメント・ミステリー。

読者

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093C5440a6a 2c87 4022 a073 d86759f6dcd7883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e0409313e8a36a b366 4e90 a742 98a5d45101ba0429bb39 5ace 445d 9622 bb976d4a4dc154b587b0 98fa 4ef7 90bc 4a302073cfbfF3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0 35人

東野圭吾の本

片想い

片想い

85c24291 c4b4 4b87 8d57 b9672f2a95f0

saki

よろしくお願いします

初めての東野さんの小説でした。あまりミステリーを読まないので、最初は軽い気持ちで読んでいましたが、だんだんと惹き込まれるあたり、さすがだなと思いました。物語を楽しむだけでなく、性についても考えさせられました。真実がだんだんと結びついていって、最後にひとつの線になる所がミステリーの面白さであり、その面白さにハマりそうです。

6か月前

642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5 20