615ns%2b036wl

八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人... 続き

コメント

三ヶ月前に婚約者の朋美を事故で亡くした高之は、仮面館という別荘に招かれる。高之や朋美の親族達が別荘で過ごしていると、突然強盗の二人組が押し入り、彼らは軟禁されてしまう。そんな中、朋美の従姉妹、雪絵が殺される。朋美は本当に事故で亡くなったのか。雪絵は誰に殺されたのか。そして彼らは逃げ出すことができるのか・・・という話。
犯人は正直予想がついた。しかし、ラストでタイトルの意味が分かるところはさすがに分からなかった。してやられた。

その他のコメント

「東野圭吾、好き☆」って言うと、なんかミーハーっぽくて嫌だな、と思いつつ著者の作品は、今まで避けてきたけれど、本書を読んで激しく後悔。笑
小説を読みながら声を出す事は、ほぼ無いのだが、本書のどんでん返しには思わず「マジかっ!?笑」と小声でつぶやきました。
必読です。

読者

0659511d 82e8 4f56 acd4 ef5ec623367fD78b18a1 ed32 4860 90e5 27e6f15e8d503685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beE7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffaIcon user placeholderIcon user placeholder799e1007 5ec6 4de4 bbb4 00183ea4c567 47人

東野圭吾の本

虚ろな十字架

虚ろな十字架

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

「死刑制度」「償い」がテーマ。(オウム真理教13人の実刑により考えてみようと…)お腹の奥底に重い石を投げ入れられた苦しい気分。考えれば考える程に答えが出ない。被害者も加害者も周りの人も、すべての人の些細な感情の動きを自分も持ち合わせている事に気づく。誰にもなり得る自分が怖い。

2か月前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f18a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d 26
人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生② 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

3か月前

Icon user placeholder49a553b8 51dd 4dea a6c6 dd456565adceB3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf 59
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

5か月前

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947Icon user placeholder79771dec f28b 4932 9b66 3859125890b4 78