615ns%2b036wl

八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人... 続き

コメント

三ヶ月前に婚約者の朋美を事故で亡くした高之は、仮面館という別荘に招かれる。高之や朋美の親族達が別荘で過ごしていると、突然強盗の二人組が押し入り、彼らは軟禁されてしまう。そんな中、朋美の従姉妹、雪絵が殺される。朋美は本当に事故で亡くなったのか。雪絵は誰に殺されたのか。そして彼らは逃げ出すことができるのか・・・という話。
犯人は正直予想がついた。しかし、ラストでタイトルの意味が分かるところはさすがに分からなかった。してやられた。

その他のコメント

「東野圭吾、好き☆」って言うと、なんかミーハーっぽくて嫌だな、と思いつつ著者の作品は、今まで避けてきたけれど、本書を読んで激しく後悔。笑
小説を読みながら声を出す事は、ほぼ無いのだが、本書のどんでん返しには思わず「マジかっ!?笑」と小声でつぶやきました。
必読です。

読者

037272b4 36ec 4d4e 8986 1219f151b45028e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6a0b5c0687 b22a 45d8 9a47 c37952097ec0D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aBbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b370659511d 82e8 4f56 acd4 ef5ec623367fD78b18a1 ed32 4860 90e5 27e6f15e8d503685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc 52人

東野圭吾の本

探偵倶楽部

探偵倶楽部

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

色んな目線から書いているところが飽きが来ない! どの話も人間ドラマがよく描かれていて、どんでん返しが来るよく仕組まれたトリックも文句無しでした。文も読みやすく、すごく面白かったです。

20日前

Icon user placeholderC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249910870dad6 67f8 4f30 813d 563bc051dd0a
鳥人計画

鳥人計画

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人はコーチと判明。一体、彼がどうして。一見、単純に見えた殺人事件の背後に隠された驚くべき「計画」-踏切のタイミング、空中姿勢、風圧、筋力、あらゆる要素を極限まであの男のデータに近づけよ。「計画」は極秘のうちに進行しつつあった…。拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる構成の本格スポーツ・ミステリー。

2か月前

8703bfb0 92ea 4aab 8e09 297fcdc0d8857262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d27bf5885 8aa4 43d9 b152 506c814daece 9
十字屋敷のピエロ

十字屋敷のピエロ

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

ぼくはピエロの人形だ。人形だから動けない。しゃべることもできない。殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば…しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の新感覚ミステリー。

2か月前

25e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Fa1d4e69 319a 436e bec7 2d60ce37b8d7 12