41tayeck bl

役者になって60年。80歳を迎える仲代達矢がこれまでの作品を振り返る。日本映画は昭和20年代から30年代は黄金時代。ちょうどその頃、仲代達矢はデビューした... 続き

コメント

出てくる作品
全部見たくなる

インタビュー音源を
発売してほしい

読者

Ba6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c66

春日太一の本

あかんやつら 東映京都撮影所血風録

あかんやつら 東映京都撮影所血風録

4d46ba63 1c1c 46b0 9c59 0d4cf4dee2f8

Katsuhiko Moroi

乱読家です

思えば、私の情操教育は東映の時代劇と任侠モノが中心だった。 生まれた青梅市には大映の二番館があり、そこでは大映の他に東映映画を上映していた。商店街のおばちゃんに連れられ、毎週のように藤純子や高倉健の映画を見せられていた。家では親父が大の時代劇ファン。NET(東映系。現在のテレビ朝日)では毎週火曜日に古い東映時代劇が放映され、派手な衣装を着た片岡千恵蔵や市川歌右衛門が気持ち良さそうにチャンバラをしていた。以上は70年代前半の話。 そして、高校になると「拝島映画」という場末感いっぱいの映画館の虜になってしまった。75年ごろの入場料は800円。3本立てで番組は東映の任侠映画、日活ロマンポルノそして洋ピン。もちろん18禁の映画館だが、生徒手帳を見せれば学割がきいた。「山口組三代目」「三代目襲名」はそこで見た。ついでに八城夏子や泉ジュンを知ったのもそこだ(この2人はにっかつ)。 前置きが長くなったが、本書は京都太秦にある東映撮影所の70年史。めちゃくちゃ面白い。題名の通り登場するのは「あかんやつら」ばかりだ。 黒澤明の「用心棒」を見た後、片岡千恵蔵や市川歌右衛門が主演した東映の時代劇を見ると、東映映画の作り方が良く分かる。リアリティのカケラもない。 「物語のベ ースは痛快 ・明朗 ・スピ ーディや ! 」。 鬼と呼ばれ、後に東映社長になる岡田茂の言葉が全てを表している。 著者の春日太一さんは時代劇・映画史研究家。77年生まれなのでリアルタイムでは東映時代劇は見ていない。しかし、多くの関係者から長時間のインタビューをしたことが、読み取れる。 「東映京都で量産された時代劇は 、ほとんどが通俗的なものばかりだった 」「が 、貧しい中を必死の思いで潜り抜けてきた男たちには 、そんなことは全く気にならなかった 。どんなことをしてでも映画を当てなければ 、彼らは全てを失う状況にあり 、そこから必死の想いで這い上がってきた 。通俗的で何が悪い 。むしろ 、それこそが彼らにとっての大義であり 、正義でもある 」。 1950年代東映時代劇の最盛期には80本以上の映画が作られ、スタッフの残業時間は月300時間を越えたという。 しかし、大量生産による品質の低下により客は離れていき、作品の中心は任侠モノに移って行く。 70年代前半まで邦画は殆ど2本立てだった。任侠モノの同時上映をどうするか?岡田茂の考え方が面白い。 「不良性感度の強い任俠映画に善良な映画を併映させても 、観客は戸惑うだろう 。それならば 、他に成人男性の喜びそうな不良性のある映画を併せれば 、さらに客足はのびる 。 それは何か ─ ─エロだ 」。 さすがにリアルタイムで東映のエロ映画は見たことがないが、題名が凄い。 「徳川女刑罰史」「恐怖奇形人間」「温泉みみず芸者」「徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑」などなど。 書いて行くとキリがないが、映画作りに携わる昭和の人々の凄さを味わえるノンフィクションの傑作。★★★★★

2年前

1ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f300bf7676 edb6 47d1 87ab 8911b35b968d