51jib5%2bhpjl

日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、今時珍しく任侠道をわきまえたヤクザ。その阿岐本組長が、兄弟分の組から倒産寸前の出版社経営を引き受けることになった。舞い上... 続き

コメント

警察ものの印象が強い今野敏さんの裏社会もの、浅田次郎さんのプリズンホテルのように笑えてホロリとさせられるのかなと読み始めました。つかみどころのない組長やその下に控える苦労性の主人公日村をはじめ、魅力的なキャラクターたちが物語を自然に紡いでいて、読みやすく爽快でした。人情と仁義とを大切にしていく組の姿勢が一般人をも変えていくファンタジー。実際にはありえないけれど受け入れ難くないこのシリーズ、これからが楽しみです。

面白かった。軽く一気読み。組長の思いつきからヤクザが倒産寸前の出版社を経営。という設定が面白そうと思って読みました。代貸の日村が次々におこるトラブルに振り回されながらもヤクザならではの方法で解決。

ヤクザが出版社。案外可愛い。皆大切にしたい物は一緒で、アプローチの仕方が違うだけなんじゃないかと思った。

テレビドラマにしたら面白そう

ヤクザものだけど、とてもコミカルで、たまにハッとする。読んで良かった。今野敏作品にハズレ無し!

読者

Icon user placeholder79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec44359ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b665df63fa8 2246 482b 9da4 69582046dd54Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c3a90241f 368a 479d b478 4026c384e02b7d9d00ec caf5 4cf6 aaf2 62048a4b367a 13人

今野敏の本

とせい

とせい

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

キャリアの警察署長シリーズが気に入ってる作家の別シリーズ。好きなシリーズの新作がなかなか出ないので他のものを読んで場つなぎにしようという思い。そしてタイトルと表紙から反社会勢力をテーマにした作品だと分かったので...浅田次郎の最高傑作がいまだに「きんぴか」だと思っていることもあって楽しみに読んでみた。独立系の弱小やくざの組長が倒産しかけの出版社の社長に収まってしまいそれを元にいろんなドタバタがあるのだけど最後は経営を立て直して去っていく、という読む前からだいたい予想のつく話。唐獅子株式会社というのもあったな...。完全に荒唐無稽な設定なんだけども適度にリアリティも盛り込んであってなかなか面白かった。

3か月前

警官の貌

警官の貌

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

時々、ハズレなし短編を読んでみる。知ってる話もあるけれど、また読む。短編は肉弾戦のようで楽しい。

6か月前

カットバック 警視庁FC2

カットバック 警視庁FC2

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「隠蔽捜査シリーズ」好きなので、大森署の新署長を拝見することができて嬉しい。戸高刑事も大好きです。 極力ややこしいことはさけたい楠木巡査は、めんどくさいなぁと思いながら毎日仕事をしている人。それでも、警察で働くのは、悪くないと思っている。戸高刑事とどう絡むのか楽しみでしたが、やはりコンビもどきになっておりました!戸高刑事も、実はボンクラ頭でない楠木巡査に一目おいています。サスペンスほどでもなく、どこまでも軽い警察ものです。

7か月前

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacE458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1f