51ip1df1vyl

新潟中越地震での工場被災をきっかけに経営危機が表面化、2006年に米ゴールドマン・サックスグループ、大和証券SMBCグループ、三井住友銀行の金融3社から3... 続き

コメント

160521読了。

同族企業の世代交代の難しさ、世襲の問題点をつまびらかに表現した作品。

人間(経営者)の最も幸せを感じる(生きがいを見いだす)ときが、カネをもうけるより、人に喜んでもらうこと、とあったが、トップたる者、人間性が大切であることを再認識した。

読者

56ce6ff4 d79e 4985 afcb 9a57d9042487F3bc9b8c 78a6 441a b160 2a838b68dcf99fb324e9 5bcb 419c b42f a8047a428383Cc3d5a99 9005 4003 9454 37fb73dece39215cd975 f385 41a3 b06b 9cf245ee4fb1 5人

ビジネス

FACTFULNESS10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55

新田洋平

職業プログラマ。77年生まれ

「ファクトフルネス」とは著者ハンス・ロスリングの造語で「事実とデータに基づいて世界を正しく捉えようとする態度」のこと。彼が作った13問の3択問題、通称チンパンジークイズはダボス会議参加者などのどんな優秀な人たちに解かせても母集団の正答率は滅多なことがなければチンパンジーがランダムに選んだ回答(33.3%)を越えられない。 人は様々な本能に縛られていて世界を悲観的あるいは劇的に捉えてしまっている。そして、それはネット上で糾弾されがちなメディアやプロパガンダのせいではない。自分自身の無理解やドラマチックな世界の見方から来ている。 この個人における「不都合な真実」を目を逸らさず受け入れることが、著者の遺作となった本書で訴えたかったことであり、ビル・ゲイツが本書を全米の大卒希望者全員にこの本を配ることを決めた理由なのだと思う。 世界を今より高精細な解像度で見つめ直すきっかけになる一冊。

約5時間前

648a6c74 06dc 445d 8e27 cea5c74c312aIcon user placeholder95f2f8d6 b287 42fe 82b8 83d6fae8d5ca 28