41s7yrtfuul

仕事のさまざまな場面でコミュニケーション能力は求められる。基本であるにもかかわらず、意外と難しい。相づちを打ったり、返事をしたり、目をジッと見たり、あるい... 続き

コメント

本でもやっぱり池上彰は池上彰だった。ここに書いてることは当たり前には思う部分も当然あるだろうけどやはり記者として活躍されていただけに説得力が違う。新入社員にはオススメの一冊かもしれない。他人に伝えるにはまず自分が理解していることは自分の中で特にできていないので意識していきたい。

その他のコメント

空港の本屋には自己啓発本がたくさん並んでいる。飛行機に乗るという行為(非日常)と自己啓発は相性がよいのでしょう。まあ、僕も書店の戦略にハマったクチです。

伝えるには入らない部分をそぎ落とし、先輩などに助言をもらいながら慣れていくことが大切。
学校のころ出す文章はこうしたほうがいいって言われたことがそのまま書いてあった。
やっぱりそれだけ時間をかけたものが良いものになるんだなと感じた。

メモ
・自分が知らないことを知る
・事実や物事に対して「謙虚になることが大切」
・懐疑では一人一人の顔を見て、自信を持って
キーマンからみて周りへ
・叱るときは一対一、褒めるときはみんなの前
・謝罪は危機管理になる
・文章力を上げる
もう1人の自分を作る、プリントアウトして読む、少し置いてから読む、音読する
・先輩や上司に読んでもらう、話しながらまとめる、ブログを書く、新聞のコラムを要約(天声人語を半分に)
・カタカナ語を極力使わない
・図には文字は少なく
・接続詞を使わないで文章を書く
が、ところで、さて、それから、そして、絵文字
・アウトプットするにはインプットが大切

読者

Icon user placeholderA3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06D602992e 27a5 4cb4 95ba 0dbe6f7e4da90bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd1756138406557 9ead 4de9 a7c3 b00a567d9e136cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cBe0231c5 4297 4762 97b0 af5f62ea44b1Ee26de0a b8a9 4bf0 9472 faba43c091b5 78人

池上彰の本

これが「週刊こどもニュース」だ

これが「週刊こどもニュース」だ

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

純粋でシンプルな質問ほど核心をつく! 子どもに難しいニュースを伝える苦労 ストレートな質問から気づかされる視点 ただ理解してもらうだけでなく、将来の期待を込めた、素晴らしいニュース番組。 その舞台裏と狙いが勉強になる。 "伝える" 喜びより、 "伝わった" 喜びのほうが格別。

3か月前

19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750Icon user placeholder
わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方: 池上流「知る力」の鍛え方

わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方: 池上流「知る力」の鍛え方

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

自分はすでに「罠」にはまってる… この本を読んで気づいた! スマホから得られる情報や、メディアの一方的な発信を鵜呑みに「わかったつもり」になってた。 「罠」とはつまり、「わかったつもり」になってしまうこと。 メディアに詳しい池上氏だからこその切り口で、今のメディアのカラクリによる危険さを訴えかけてくれる。 また、池上流の"知る力"の具体的な鍛え方も記載されていて勉強になる。 "知る力"は、人任せでは身につかない! わかりやすく"伝える力"も大切だが、そのためには、もっと"知る力"を鍛えなきゃ!

4か月前