5189rf1pptl

住宅設計の現場には、家づくりの先人たちが積み重ねてきた知恵や工夫、心憎いまでの「ふつう」があります。それらのエッセンスを、550点超のイラストと洒脱な文章... 続き

コメント

建築というジャンルが、将来の選択肢にすら浮かばなかった学生時代を、心から後悔するくらい面白かった。家に限らずものづくりをする人には、何かしら勉強になると思う。

その他のコメント

なんでキッチンはコンロ→まな板スペース→シンクの順に並んでるの?住まいの基本がわかる本。面白い!

建築関連の人、家を建てる人、いろんな読み手を想定して書かれていて面白い。

読者

0d964364 26c9 4d36 be96 ae162e54a255575555e2 7411 491a aef7 901f8c6cc825Cc2bdcab e710 4c03 8ba2 2c0be372d1800198dad6 96dc 4cd2 9e5f 37a4049ea22779bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564Da89d462 9367 4b41 968a 24fe70ba905743974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5d5613b377 3843 486b bac7 63e920c7257a 13人

アート

くらべる世界

くらべる世界

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

東日本と西日本、昭和と平成、安いものと高いもの、いろいろなモノを比べてきたこのシリーズも四作目に突入。遂に日本を飛び出して、今回は世界編である。 日本の雪だるまは雪玉二つだが、欧米のそれは三つ。出す手が4種類あるフランスのジャンケン、サクサク砕けるアメリカのショートケーキ、横に弾くロシアの算盤などなど、流石に世界レベルにまで対象を広げると、違いの振れ幅も大きくなりインパクトは抜群だ。 最新作の「くらべる日本 東西南北」も出ているみたいなので、続けて読んでみる予定。

約5時間前

世界の美しい博物館

世界の美しい博物館

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797

やし太郎

なかなか本を読む時間が最近は取れ…

とにかく、建物や空間の使い方が大胆で、それ自らが「収蔵しているものの意義の大きさ」を物語るようです。行きたくなるものの、やっぱりヨーロッパが大部分なので、難しいなあ…。

11日前