51xjvljqsbl

民族と国家は現代日本人の必須科目だ!国際的テロ、増大する移民・難民、それに反発する差別主義的な運動――。現代の世界においても「民族」はマグマのように人々を... 続き

コメント

2018/3/28読了
民族紛争や分離独立運動など海外の動きが気になっていたので読みたかった一冊だった。ゲルナーの「民族とナショナリズム」を岩波で読んでもさっぱり理解出来なかったと思うので、ウクライナの具体的な事例を挙げて解説してくれていると、あれはそういうことだったのかと理解しやすい。沖縄の問題も取り上げられていて、日本も他人事ではないのだなとようやく認識し始めました。

読者

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1566582a3 d526 4a43 a87a 1ae5380ae684

佐藤優の本

十五の夏

十五の夏

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

この人の私小説はいつも楽しく読み応えがある。 中学時代のモノや、大学生活モノ、外交官になりたての頃のイギリス生活モノなど読んできたが、この高校一年生の夏の旅の思い出話も相当に興味深く面白いモノだった。 子供の頃からの特異で貴重な体験の積み重ねが、こういったユニークで才能ある人を生むということなのだろう。 だいたいあの時代に15歳で共産圏を一人旅なんて尋常じゃない。 でも、そこが凄い。

約2か月前

いま、公明党が考えていること

いま、公明党が考えていること

F3bc9b8c 78a6 441a b160 2a838b68dcf9

ひさBON

心豊かになるための読書

160419読了。 公明党(創価学会)は、1955(昭30)年4月の統一地方選挙で初進出。 公明党の立党精神➡︎大衆とともに(国民という言葉は使用しない) 自民党の立党精神➡︎国民大衆とともに 人間主義の価値観を有する公明党の面々は、「能力」よりも「適正」を重視する傾向にある

5か月前

ファシズムの正体

ファシズムの正体

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

日本人より自由に生きることをよく知っている印象のあるイタリア人を「イタリアの為に一生懸命働く人間がイタリア人」という思想の下20年近く独裁者として存在するとは‥ムッソリーニのイメージ変わりました。

5か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Cda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27
聖書を読む

聖書を読む

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c

aker_log

書店員+みつばち古書部//SF/…

P127 言ってみれば、旧約聖書のアブラハムが子イサクの命を神に捧げる物語は、新約聖書においてそっくりそのまま逆転し、今度は神が我が子イエスの命を人間たちに捧げる物語になるわけだね。

8か月前