41h7qxc1ydl

コメント

繰り返し読みたくなる本。茂木健一郎の話が一番よかった

読者

9ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e66353d1453a2 c7f8 4c03 8f78 f4d7f65df083099b3961 f363 41a9 a434 b5ada3475911Ae08560c be6c 4bf8 bc6c fc29bc99a611E00057c8 45fa 4557 9dbe 8fb12df4bc1c 5人

外山滋比古の本

知的文章術~誰も教えてくれない心をつかむ書き方

知的文章術~誰も教えてくれない心をつかむ書き方

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

「思考の整理学」の著者、外山滋比古による文章術 「ことばの表現は心であって、技巧ではない。胸の思いをよりよく伝えるには技術があった方がよい。しかし、この順序を間違えないことである。心のともなわない技巧がいくらすぐれていても、ことばの遊戯に終る。」 肝に銘じて本を読み、文章を書こう

3か月前

Icon user placeholder66e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aa
思考の整理学

思考の整理学

96b06071 0763 4eb9 a032 fb2559d9a2b5

ukitazume

プログラマー。散歩。読書。料理

いつ買ったのかも覚えていないが、よく本屋で目立つ場所に置いてあるので、手にしたのだろうと思う、外山滋比古著『思考の整理学』を読んだ。 『思考の整理学』あとがきより、 > かつての学校では、ほとんどまったく、考えるということについて教えなかった。それでも、気がついてみると、われわれはそれぞれ、いつのまにか我流の考え方、自分だけの考えのまとめ方をもっている。 どこで教わったというのではないし、とくに自分で工夫したということもなく、自然にある型のようなものができ上がっている。その人の発想は、この型によって規制される。やっかいなのは、その型をみずからでは、はっきり自覚することが困難なことである。 自分はどういう考え方をしているのか、ということを意識するには、ほかの人の型に触れるのが有効である。 なんとも重要なことを言っている。自分なりの考え方の型をつくりあげて、自分が楽しく生きられる方法をいつも探っているつもりでいる。それでも一人で思考しているだけでは有効ではなく、人とモノをつくったり、生活をしたり、話すことで型を取り出し、打ち直しをしているように最近感じている。 自分は頭でっかちになりがちで、人の言動に即座に判断を下してしまう。結婚して、全く考え方が遠い尊重すべき他人と暮らすことで、需要なことに気づいた。それは価値判断のスピードを遅らせる、判断を保留することの重要性に気づいた。それによって、相手の言っていることをより理解でき、何か(自分の中に無い物もしくは、気づいていないもの)を取り出すことができる。 それでも、他人の発言に眉をひそめてしまい、びっくりすることが多々ある。反射的になってしまっている自分に気づく。その反射的な反応を遅延させ、受け入れてみることを試しながら、自分の型を意識していきたい。『思考の整理学』の中の一章に ホメテヤラネバ というのがある。アイディアを、考え方の芽を摘まないために、否定せず、ホメテヤラネバいけないのである。アイディアをゲットするのにとても貪欲な筆者の本だった。

約1年前

97259210 cf10 4020 aad4 db953acfb79f76a1bd81 cf0d 4f15 ac25 a03af1c0a3eeDfbcd904 29e3 41d0 b62e 6b27cbb64843 150
新聞大学

新聞大学

F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124

nishitanabe1987

ほんがすき

賢いカメを育てること、あるいはユニークなゴールをもつこと。ウサギに徒競走で挑まない。挑むなら、池のなかの小島をゴールに設定する。

1年前

8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96f8210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e82bafd35c b26c 488c 99ae 951338cbbe69 12