41fg7imrtsl

就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから――。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じア... 続き

コメント

何者にもなれずもがく就活生。就活生じゃなくても、SNSを使っていなくても、10代20代の人には思い当たる言葉がありそうな作品です。世代ど真ん中の私は読みながら嫌な汗が出そうでした。終盤、人間関係を壊してしまうかもしれないけれど放つ一人ひとりの言葉は重くて大切だなと感じました。

自分の黒いところを見られたような気持ち…。違うと言いたいけど、こう思ってるところもあるような…。やっぱり朝井リョウ好きだな。

心に突き刺さる感じ。
一つ一つのセリフがぐいぐい来て引き込まれる。
生きていくって辛いことが多い。
かっこ悪くてもがむしゃらに生きていける人になりたい。

リアルっていう感想が多いですが、こんなのを殆どの人が経験して大人になってるなんて、日本つらすぎません・・・?(私は大した受験や就活はしてない村人Aなのでよく分からず・・・)
これがリアルなのは東京だけですよね?と聞きたくなるほどヒリヒリ。
何者かになろうとするのは、自分に魅力的なラベルをたくさん貼って、たくさん求められる良い商品になる、みたいな感じなのかも。
ラベル欲しさの行動力を発揮してみたり、ラベルありに見えるような立ち振る舞いや言動をしてみたりする登場人物たちを見てて、社会に必要とされるために、そこまでしなくちゃ駄目なの?と、見ててしんどくなりました。
でも、私もラベルが欲しくなるときが正直あるので、人のこと言えない。
光太郎や瑞月のような、見栄えのするラベルの少ない登場人物たち、ストーリー上ではとても好意的に感じましたが、実際、ぱっと見で分かりやすく凄さが伝わるのは理香や隆良みたいなラベルの多い人物だろうなぁ・・・とか思ったりして。
情報を短時間で大量消費する社会って、見えにくい良さを逃すのかも。

就活なう!な僕にとって、「就活終わってから読めばよかったよ萎え。」って素で思うくらいには、リアルな就活生のダークサイドが載ってる一冊です。

最後の主人公が見抜かれていく数ページにとても震えました。
自分もある意味観察者だったかもと思ってしまいました。

就活生なら痛いほどわかる心理と、SNSで見え隠れする本音が丁寧に描かれています。これから就活する人や、就活が終わった大人にもおすすめです。

就活を終えて、読んでみた。途中までは「ああ、就活やってる中でこんなことあったなぁ」って感じのことが多かった。後半の展開の変わり様。朝井リョウさんの、別の本も読んでみたいな。

「想像力がたりない人ほど、他人に想像力を求める。他の人間とは違う自分を、誰かに想像してほしくてたまらないのだ。」

自分のこんな時期を思い出した。登場人物、こういう人いるよなぁと思ったし、言葉が鋭くて胸に突き刺さった。

何者。

このタイトルの真意がわかった今、心にしこりのようなものが残った。
拭い去れないこの思い、どうしてくれよう、、

自分のことを言われているんじゃないかと思うくらい読んでて恥ずかしくなりました。。

そんなところまでわかってくれるのね、って思いながら、気持ち良く読んでいたら最後に平手打ち。斜に構えなくても生きていけるようになりたい。

ただの大学生のリアルで、だからこそ、読んで自分達をより知るきっかけになって、とても価値のある作品だと思った。

直木賞受賞作。就活期の大学生の人間模様。SNSを取り巻く若者の「陰の」世界がリアルすぎてどきっとさせられました。そうした部分を描きながらも、「人にやさしくしなきゃな」と思わせてくれるこの小説が好きです。

就活を終えて、一段落した今、読もうと思って読み始めた。就活中に読むと、精神的にダメージをくらうと言われたため読んでいなかったが、むしろ就活中もしくは就活前に読むべき作品だと思った。Twitterでの頑張ってるアピール、頑張ってる人を小馬鹿にする自分に酔っちゃってる系。どこにでもいそうなメンバーで構成される、どこにでもあるような話。だからこそ考えさせられる話。
今後Twitterでつぶやく際に、どの言葉で呟くかよりもどの言葉を捨てるかのほうに重点を起きたくなった。

読者

Icon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b364c4739 6f8a 4cf1 bbf2 e876cbe1b47bA5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ce642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fD4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3f0cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18 176人

朝井リョウの本

武道館

武道館

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b

Yusuke Kondo

よく笑いよく読む 1冊1冊を丁寧…

とても朝井さんらしい作品だった。 目に見えない出来事をドンドン出してくいくから次へ次へと読み進めることができる。 アイドルとか芸能界の中身は想像するだけでしか作れなくて、だからこそ意味があるような気がして、みたいなモノなんだと知った。なんだか申し訳ない気持ちにさせられてしまったのも事実。 非現実的なことがすごく当たり前のように感じるこの感覚はどんなことにも言えることなんだと思う。 お金の使い方がその人の本気と捉えてもいいかな。 一つモヤモヤが解消された気がして同時に何かから救われた気もする。

13日前

405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d7380d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aIcon user placeholder
スペードの3

スペードの3

08f10434 8670 4c74 8bc4 88920ba2d74f

ともざえもん

イラストのこととか、小説のことと…

3人の女性の見栄と羨望と嫉妬の話…かな?朝井リョウ、男のくせに女心が分かるのか、女臭がプンプン臭ってきそうです。

約2か月前

37495ab9 42fb 4265 b08d 88f5a175ffc0577a074d e252 483c 812d de74f7fd36eaIcon user placeholder 18
風と共にゆとりぬ

風と共にゆとりぬ

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

荘厳な装丁に騙されるな。重みのある箔押しのハードカバーと裏腹に、中身はひたすらくだらな楽しい1冊。(帯に書かれていることが全て) 朝井リョウの小説はそんなに好きじゃないけど、エッセイは好きなんだよな。なんでだろう、なんならアンアンの連載も読んでる(早く単行本化してほしい)。前作の「時をかけるゆとり」におとらぬくだらなさ。実にゆるく楽しめた。若干、今回の方があざとさを多少感じたかも(まあそれが持ち味でもあるけど) この人のエッセイの凄いところは、たまーーにじんわりくるものが入ってるところ。 実に絶妙なバランスだと思う。今回でいえば「子どもにとっての言葉」。良いこと書いてるから、子どもと接する大人もこれから接する子どもたちもみんな読んだ方がいい。「夏裁判」もとても朝井リョウらしい視点で風刺してて面白い。持ち味爆裂。 しかし柚木麻子との結婚式余興話は腹抱えて笑った。頭の良い人が本気でバカをやると最高に楽しくなるという実例。私そういうの大好きなんだよな〜

5か月前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fC0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d008 16
何様

何様

6080093b f6c4 478e ab44 307bdfeab0dc

引用しています。

自分より馬鹿だと思う人としか仲良くなれないってほんと何様って感じだけどちょっとわかってしまってつらい。

8か月前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholderA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3 27