51yczr2js5l

がんに侵されたプレイボーイ、最後の奮闘!二枚目半の芸風から「種馬王子」というあだ名を持つ俳優、小早川当馬。仕事では着実にキャリアを積み、プライベートも絶好... 続き

コメント

石田衣良さんには毎回色んな作品で泣かされてしまう。今回も恋愛の形、命の在り方、病との戦い。主人公の苦悩と葛藤。そして新しい命と幸福。どんどん引き込まれてしまいました。

読者

0428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3

石田衣良の本

うつくしい子ども

うつくしい子ども

Bf3dec70 ca43 4c6b 9ea5 06be2abfeeb8

無名

音楽かけてぬくぬくしながら本を読…

親が読んでいたのこの作品を、まだ小学生だった時に読みました。 話に緊迫感があって凄くリアルで、中心人物と近い世代の自分の世界からは余りにもかけ離れていて…混乱しました。 殺人犯がただの悪ではないので、その言葉や倫理観にも不思議と共感出来るところがあるし、親の存在の重大さを突きつけられた。 ラストがどうなるかを考えながらではなく、登場人物たちの心情を感じながら読む事に、面白さを感じた作品でした。

3か月前

8745f91d 361e 4390 9d25 b9a1e5f7e9ecE3d29b08 9037 44dc b96a 735b2ff06a1a1c941dd0 411d 4491 9973 c7fee83669a3 16
裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIII

裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIII

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

児童虐待とネットでの炎上、ドラッグ、スピリチュアルに、偽造カード。池袋で起こる事件の数々をトラブルシューター、マコトが解決していく。 残酷な現実にさらされた人々を、Gボーイズや天才ハッカーゼロワン、氷高組の幹部サルといった面々の力を借りながらマコトが救い、温かい結末を迎えるというお決まりの展開だが、やはり安定して面白い。池袋ウエストゲートパークはやはりこうでなくっちゃと思いながら読み終えた。 それにしてもこのシリーズが始まってから20年くらいは経っているというのに、マコトは若い。いったい何歳なのだろう。

10か月前

4222be95 10ec 4dbe b725 1349d8aceb4bIcon user placeholder10c1f848 1e31 4c3f b03e 444a69906650 9
爽年

爽年

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f

ほんのむし

2018年66冊目。‘なぜこれほど切なく透明なのだろう’ っていう、石田さんのコメントで、なんだか読む前からドキドキした!何度も読み返し続けるくらいすきな作品だったし、まずは続編、単純にうれしい。リョウくんたちの、今が知れた。お金による関係といってしまえばそれまでだけど、こんなにも慈しんで貰えたら、それに伴う関係になれる気がする。秘密の共有、っていう響き、すき。/ 20180411

1年前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecIcon user placeholderF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0 16