51k2o2gof7l

侍女のオブフレッドは、司令官の子供を産むために支給された道具にすぎなかった。彼女は監視と処刑の恐怖に怯えながらも、禁じられた読み書きや化粧など、女性らしい... 続き

コメント

その他のコメント

過去と現在を行き来しながら明かされる「わたし」と歪んだ世界の構造。

終わりがスッキリしないのもこの物語の一部だと思える本。

読者

5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb8f927ae5 81af 44c7 93f0 a1f7956e3b9a28f87ab7 1cd1 451f ad7b d36ec8fcadb3 3人

マーガレット・アトウッドの本

51zrpfnovcl
Da0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d8

manatsu

はい!

フェミディストピア。トランプ政権になったことをうけて『1984年』に並ぶ売れ方をしたらしい。こわい!前半で読みたくなくなるけど、後半までいくと勢いがハンパない。巻末の歴史的考察も絶対読んで。すごく面白い。読んだ甲斐があった!!

1日前