51e53y8aynl

発行元から

目次

序文
第一章 今此処における我が国の紊乱状況
1 総選挙という笑えぬ喜劇 
2 いつになったら消えてくれる、民主主義という狂った言葉 
3 リベラル・マインドの本義を忘れたリベラリズム 
4 北朝鮮をめぐるあまたのデマゴギー 
5 アメリカから独立するには「核」武装が必要 

第二章 瀕死の世相における人間群像
1 スマホ人──世界を弄んでいるうち世界に弄ばれている人々の群れ
2 選挙人──「塵も積もれば山となる」朽ちんばかりの病葉の群れ
3 いのち人──死に方は生き方のラストシーン
4 虚言人──ノンフィクション・ライターにブルシットを提供した全学連世代が紡いだボケボケの仮想現実
5 法匪人──良法を作ろうとせずに何が法治か 
6 大量人──砂粒の個人が「模型の流行」に乗って集まり風が吹けばすぐ姿形を変える砂山のごとき「模流」社会 
7 ダダ人──危機にあって破壊の決断に賭ける奇矯と奇怪 
8 多忙人──ビジネスを名乗ることのハレンチ
9 無礼人──切符を持たずに電車に乗る類のエチケット知らずの徒輩
10 立憲人─悪しき憲法でもその上に立たんとする精神の怠惰
11 メディア人──言葉の破壊業者に引き渡された現代文明

第三章 社会を衰滅に向かわせるマスの妄動
1 「踏んづけてくれ、だが命だけは助けてくれ」──それが戦後日本の思想的極意 
2 自由、民主、進歩──すべてが近代の宿痾 
3 歓迎、世界のソフト・ブロック化 
4 「死の岩」に乗った国の「民の家」 
5 勢力外交と国際法との重いが脆い連関を知った上で米中露と押し合うべし 
6 安倍首相よ、プラクティカリズムの空無を知られたし 
7 「トランプ的国家保護」の本質 
8 近代化と大衆化が列島人を劣等にした 
9 なぜ「言論は虚しい」のか 

第四章 脱け道のない近代の危機
1 モダニズム、レフティズム、ラショナリズム、アメリカニズムそしてマスクラシー 
2 イノヴェーション、近代人の生活習慣病か
3 資本主義に歯止めをかけられるか 
4 「国民社会」主義、それだけが未来に可能な国家像 
5 現代人が「もののあはれ」を「知る」ことの意義 

あとがき

西部邁の本

マスコミ亡国論

マスコミ亡国論

3752ae9e 836c 4e42 8eae f0dec7505610

Taiga

沈黙は金。

旧版が発刊されたのは1990年だが、今読み返してもとてもおもしろい一冊。「ポストトゥルース」というワードが使われるようになった現在、マスコミはどうあるべきかを改めて再考してみる。

5か月前