Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
31yke4fvqpl

コメント

俳句の中に宇宙を見た人も連句を音読して音楽を感じた人もいると思う。だけど、寺田寅彦先生のように両者の実際のつながりを真剣に考察する人は居ないだろう。
この人の随筆を読むと、教養は人を自由にする、ということを確信する。

読者

1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55

寺田寅彦の本

51p4aarm6cl

寺田寅彦 科学者とあたま 寺田寅彦

470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f

ayako

幼児教室の先生やってます

日常の何気ない風景に心動かされ、知的好奇心をくすぐられ、思いのままに綴った文章はのびのびとして読んでいてこちらも楽しくなる。 かと思えば、「団栗」で描かれた亡き妻と過ごした哀しく美しい日々の情景は、まっすぐに読む人の胸を打つ。 当時の科学的な時事ネタは時代を感じることができ、また「蓄音機」や「物売りの声」では今はもう失われてしまった当時の「音」が文章から聴こえてくるようである。 エッセイごとにそれが書かれた時の年齢が記されているのもいい。

8か月前