51d 8rwrrll

ポンタとともに"日本の音楽を変えた"若き才能たちとの70'sストーリー。 続き

コメント

音楽が好きでたぶんこの人の演奏もたくさん聴いてるので手にとってみました。音楽好きとしては自分でも演奏してみようとしたのが一生の不覚だったのだけど…この本を読むためにはなったかも知れない(笑)しかしもう数えきれないくらいのセッションに参加してるこの人の記憶力にはびっくり。ドラムセットの詳細まできっちり覚えてるんだがそういうものなのかな…。ドラムって音が目立つから存在感がある〜ダサいフィルとかで全て台無しにできちゃうのは他の楽器の比ではない〜から一番曲が分かってないとダメなのではと思っているのだけど…なるほどトップの人はこんな感じなのかととても興味深く読みました。面白かった。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c459cac99 5fe0 4111 bb90 fb67537c68e1

新刊

種まく人

種まく人

396aadaf a05f 4879 9989 61dd9ab82f77

桶田貢

いま、詩の世界にいます

かなしみ、悲しみ、哀しみ、愛しみ、 そして、美(かな)しみに昇華する。 志村ふくみ、石牟礼道子、半崎美子にも。

約2時間前

地獄くらやみ花もなき

地獄くらやみ花もなき

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

面白い設定です。 〈地獄落とし〉のための推理なので命懸けですが、皓(しろし)君は飄々と、人間の罪をあばきます。自虐独り言が秀逸な青児君はペット? 残虐な始末の付け方が、ブレてなくてよかった。

約2時間前

Icon user placeholderCe97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8
絵金、闇を塗る

絵金、闇を塗る

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

この異様な人物が実在の人物だったとは…… 絵金の生涯ではなく、絵金の絵に噛みつかれた人達の話です。 血飛沫を描いた残酷絵で、いったい天才絵師は何を私達に伝えようとしたのか。 「後世に残るのは作品ではなく、絵を見た人の心に残る」のだそうです。 暗闇と蝋燭に映し出されて、本物の絵になるという不思議な作品。現在、お祭りもやっているそうなので見に行きたいです。

約3時間前