51icthaof l

プロ野球で戦った経験こそが誇りであり、未来への動機である-戦力外通告を受けた元・プロ野球選手25人に、自身も同じ経験を持つ著者が、インタビュー。雑誌「We... 続き

コメント

読者

Akiaivjyeuyp25rambwa

新刊

いい部屋あります。

いい部屋あります。

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/9/26読了 冒頭とか、前半の感じは古い映画のワンシーンみたいで割と好きなんだけどなー。長野まゆみの初期の作品がとても好きだったから、作風の変化に伴って読まなくなって、ちょっと久しぶりの長野作品だったんだけど。期待した感じとはやっぱりちょっと違ったかな。 寮の建物の描写や杏のパイやオムレツなんかの食べ物の描写はとても好きなんだよなぁ。少しずつ霧が晴れるように謎めいた伏線がさり気なく回収される展開も好みなんだけど、何かものすごい微妙なラインでハマらなかったんだよな…。やっぱり百合子にも鳥貝にも魅力感じられなかったのが全てかなー。

10分前

A290d01d 2f99 4130 87c7 812dcbd75481586c3ed3 8519 48d9 a321 7e6922e2b27a0dd6c185 29d8 459c adec a76609cf19cb 17
22年目の告白-私が殺人犯です-

22年目の告白-私が殺人犯です-

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

時効が成立した殺人犯が書いた小説を出版する。それもセンセーショナルを煽り立てる手法で。 伏線自体は分かりやすく張ってくれているのでどんでん返しは理解の範囲内ながら読後感はよい。

24分前

Icon user placeholderIcon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 29
極悪専用

極悪専用

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

極悪人専用マンションに半ば監禁に近い状態で送り込まれた主人公と顔に大きな傷を持ちそのせいで明瞭に話すこともできない管理人がマンションで起こる最悪の事態に対処していく物語。 面白い。 本当に面白かった。 いや、内容の極悪さを考えれば「面白い」という言葉はマズイのかもしれないが、全編を通して軽妙で実に楽しかった。 新しい「次のマンション」を舞台にした続編をぜひ早々に読みたいものです。

約1時間前

不在

不在

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

主人公明日香の愛の定義は、変だ。読んでいてイライラしてしまった。 遺品整理という作業が、明日香が持つ家族愛とやらを掘り起こしていく感覚にぴったりだ。 何が「不在」なのか……。 家か。愛か。 社会生活における普通人の心の底を覗くと、みんな驚くほど違って変なのかもしれない。それでも、グダグダになりながら一歩前に進める人はいつか、素敵な景色を見ることが出来るんだと思う。 「間違ってもいい」明日香のこの言葉は、本の終わりでこそ心に沁みる。

約22時間前

187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc524d7722a d09b 4caa 987c d8850f1ffd0007bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89e 19