51z2n%2bzhwdl

1952年、独裁政権下のバルセロナで上流階級の未亡人が絞殺された。新聞記者アナは取材中に被害者が受け取った恋文を発見する。差出人がわからず、聞き込みでも恋... 続き

コメント

1952年、フランコ独裁政権時代のバルセロナを舞台にしたミステリ。
主人公は女性記者アナ、そしてその彼女のはとこで文献学者のベアトリズ。
アナは男性記者の急病で社交界で有名な女性の殺人事件の担当に抜擢されるが、いわゆる御用記者であるから当然警察の意向に沿った検閲済の記事しか書けない。
ベアトリズは過去の政治的な言動を問題視され研究者としての道を絶たれ、現在は大切な書物を売って生活費の足しにしている。
男女差別や思想統制で不遇な境遇にある年齢も性格も違う2人の女性が、殺人事件をきっかけに、ともに才能や得意技を活かして闇に葬られようとしていた事件を解決していく。
社交界に詳しく頭の回転の早いアナの活躍はもちろん、ベアトリズが文献研究の知識と経験を活かして手紙の書き手の正体や動機に迫っていく独自のアプローチは、学術的である一方、蘊蓄に史料オタクの喜びが溢れ絶妙に面白い。

読者

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c3

文芸

ガルヴェイアスの犬

ガルヴェイアスの犬

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

ポルトガルの小さな村が舞台、たくさんの人々のそれぞれの人生。 その土地に生きた記憶を読みながら想像する景色が楽しかった。 『誰にだって、運命の場所ってもんがあるのさ。誰の世界にも中心がある。』

約22時間前

4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276fIcon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c