Btn appstore Btn googleplay
9784789736855

コメント

引きこもりの作家・加賀野の元に生まれてから一度も会ったことのない息子が訪ねてきた
毎月 養育費を送ると写真が1枚送られてくるというそれだけの関係でしかない息子としばらくの間 同居することとなった

両親とも大学卒業後 全然会わず 一軒家に1人で暮らし近所付き合いもなく ほとんど家から出ない50歳男性の主人公
人との関わりを最低限しか持たなければ 嫌な思いをすることもストレスを感じることもないのかもしれないが いざ人と関わってしまうと 寂しさを感じるようになってしまう
だったら全く関わらないかずっと関わっていくかのどちらかしか選択肢はない

毎日は、小説のように起承転結ではない。
だけど、素敵なお話だ。
愉快でいい人達のお話。日常だって善意は溢れてる。

読み進めていくうち、心がほころぶ優しいお話でした。

他の誰かを思うことで周りの人の大切さ、ぬくもりに気付かせてくれる、とても暖かい物語。
瀬尾さんの物語は心の中から暖かくなり、優しい気持ちにさせてくれる。

最新巻毎回楽しみです。瀬尾さんの小説は悪い人が出てこなくて、読後感が爽やか。世の中捨てたもんじゃないって希望が持てるので、好きです。親子をテーマに孤独だった主人公が、25年たって初めて会った息子に人間関係をまる〜くまとめられていく過程が面白くて、一気に読めます。ぜひ本屋大賞を取った作品と合わせて読んで欲しい。

読者

4f4b7430 f375 41f9 bc68 de78cf3312f1Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderDf0b9ad4 6a20 4d59 bd18 fe01bab493baGqejsx n normalIcon user placeholder 29人

瀬尾まいこの本