51ld0yblhpl

ベテラン作家の幸田まり子は自分の家で息子夫婦、孫夫婦との間で住居問題が勃発。老人の自分には居場所がないことを感じ一人家出を決意。街中のネットカフェで暮らし... 続き

コメント

美容室で読了。
2時間で5巻読みきった笑

話題になってたから読みたかったのでラッキー。
おもしろいし、まり子が可愛い。
巻末にあったけど、アイドルみたいなおばあちゃんが活躍する話しがおもしろいのでは?と思ったという話は納得。
確かに今って昔に比べておしゃれで健康的な御年配層多いよね。

何より驚いたのは作者が近所に住んでいるということ。そこの美容室を使ってるらしい。お家にお招きされたり、かなり仲良いそう。旦那もマツコの番組に出てる人って聞いて世間って狭いなあ〜と驚いた。

80歳の主人公。まだ生きててごめんさいと、家をでるお話。

読者

60a4402d 630a 4dda a9c0 96b176055830014253d4 6080 4951 9119 24735184a6964039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b259e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b7594533a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43 5人

おざわゆきの本

凍りの掌

凍りの掌

8a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e9597

Mana

中小企業向け経営コンサルタント …

やわらかいタッチなのに、語られ描かれる凄絶なノンフィクションが、捕虜生活の絶望をつきつけてくる

約3年前

Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5Ffd3317e c096 4ff3 a785 8e7d0df25015