51muhnfl%2bhl

本屋の日常は過酷な闘いの連続だ。繰り返される万引き、達成不可能なノルマ、限界を超えた作業量。何より給料が安く、満足に休みも取れない。それでも著者は、心血を... 続き

コメント

書店員の良いところ、辛いところ、
全て詰まっています。
もう読んでいてしんどい。
でも、ずっと読んでいたい。
書店員にとってそんな本です。

これが本当の戦う書店員。続ける限り勝利はありません。

店長をしていたから気持ちがちょっとわかる。痛く切ない本です。

読者

E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe9154758095e fc68 41d5 85f2 689a6cef68b0A73a0f26 27a7 49dd 901a 667fc76114b9671763a1 4123 4c0a 8dd0 3a9be7c6daa728bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31 5人

文庫

なずな

なずな

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

世の人は気軽に「あなたも子供を持てば判るわよ」ということを口走るが、子を持たず歳を重ねた者はそのたびに世間に対しての諦念といくばくかの心の痛みを感ずる。独身四十代半ばの男性がとある理由によって自らの子ではない赤ん坊を育てるこの小説は、身の丈にあった生活を慈しむといういつもの堀江敏幸の世界ではあるのだが、彼の作品の中では際立って生活感のあるかなり異質な作品だとも思う。

約2時間前

E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44Bc0e4f44 2050 4f0c 842f 74aa43c2b87aCe28e02c 9ada 481f 9277 f0f0636950f5
重力ピエロ

重力ピエロ

80f51ed9 5a97 4f46 8c10 87b5fc4a0f2e

ゆい

浪漫主義。

読みやすくておもしろいけど、終わりはあっさりとした印象。言葉遊びのようなやりとりや名言がとてもいい。弟がいかに美形かということが何度も書かれていて、そのあたりはラノベっぽい気がした。兄弟・家族愛は胸に刺さる。

1日前

297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa1E7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffa4c412943 1757 438d ac15 338661518ed9 148