51muhnfl%2bhl

本屋の日常は過酷な闘いの連続だ。繰り返される万引き、達成不可能なノルマ、限界を超えた作業量。何より給料が安く、満足に休みも取れない。それでも著者は、心血を... 続き

コメント

書店員の良いところ、辛いところ、
全て詰まっています。
もう読んでいてしんどい。
でも、ずっと読んでいたい。
書店員にとってそんな本です。

その他のコメント

本屋が好きでも限界がある、とゆー現実的なエッセイ。

これが本当の戦う書店員。続ける限り勝利はありません。

読者

E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe9154758095e fc68 41d5 85f2 689a6cef68b0A73a0f26 27a7 49dd 901a 667fc76114b9671763a1 4123 4c0a 8dd0 3a9be7c6daa728bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31 5人

文庫

村上朝日堂の逆襲

村上朝日堂の逆襲

3e11f88d dc4f 429c 8fdf 275657fa27d1

リホ

大学3年

やっぱり軽快に進んでいく読んでいて心地いい!こんな暮らしがいいよね〜 1980年代のコラムにもう「主夫」の提案が書かれていてさすがだなと思った

約12時間前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249918f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faBbcbe9a6 1685 4be6 ac35 5a1b14ab68e9
さむけ

さむけ

0b40987d 47a2 46e4 a868 7580bb71108b

wolfgang

海外のSF、ホラー・幻想小説、ミ…

出来の良いミステリですが、衝撃的な展開はなく、淡々とハードボイルドに進み、「さむけ」が何を指したタイトルなのかわからないままクライマックスへ…。そしてラスト、「さむけ」の意味がわかります。本当に鳥肌が立った。

1日前

97a21eba 6bcd 485f 8b8a baae7aaffb7c95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5ddB89bdb98 c1c0 4969 b4c2 ac9d7da9042d