Btn appstore Btn googleplay
31r9mfpk el

きれいな奥さん。なんでも上手にこなす素敵な奥さん。幸せなご主人。こんなパッとしないご主人にどうしてあんなに美人の奥さんが?…でも違います。誰にも言えません... 続き

コメント

なんだかいらっとする。もんもんする。と思いつつ、
だんだんとナオミに対する愛おしい気持ちや可愛らしさを感じてしまう。
ジュンと同じように、ナオミにはまってしまったのだろうか?

その他のコメント

にまにましながら楽しく読めた。こんな夫婦もたまにはいいのかも、なんて

いまいち内容が分からない

読者

B51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e271e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e957afc49fd 4299 4bf6 8c4e a0e5167998fc9f0a224b 8364 436c 96fe ef84b9399a8600a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10Ae646a14 9683 469d b05a 35ea28a58d773a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e12c560129 4d0f 4da4 b558 b8afbd95b062 10人

銀色夏生の本

詩集 散リユク夕ベ

詩集 散リユク夕ベ

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

誰かに振り回されてるんだけどそれも自分。私はこういう素直な気持ちを大切にしたい。

17日前

ひかりのいと 朗読のための自選詩集

ひかりのいと 朗読のための自選詩集

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

人に、生活に、自分に、恋をするとはこういうことなのだ。たくさんの詩の中には、それぞれの時間が流れていて安心感がある。ベールに包まれたような不思議な感覚も感じる。〝夜の窓から世界が見える ものごとにはいろいろな側面があって ダイヤモンドのように どこから見ても光る どんな暗闇でも ほんのすこしの明るさがあれば〟孤独でありとても孤高。

3か月前

ひとりが好きなあなたへ

ひとりが好きなあなたへ

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

私もひとりが好きなひとりです。孤独の中に光を見つけ、孤独の中をひたすらに進む。そんな日々が大切で、その時の自分が本来の自分。そう思っています。家族や友人、その他の人たちと過ごす時間ももちろん大好きなひと時。その時の自分も本来の自分。いろんな自分を見つけられるのは個があるからこそです。現実や痛いところを突いてくる言葉、それなのに燦然と輝く言葉。銀色さん、とても好きです。

3か月前

222cb097 4f80 4b63 a36f e051845813d3Icon user placeholder4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 11
足にハチミツをかける犬の詩集

足にハチミツをかける犬の詩集

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

可愛いワンちゃんが出てきて癒されました。飼い主さんの足に飼い主さんの大好きなハチミツをかけて、コラー!とロケットのように蹴飛ばされるのを喜んでいる可愛い健気なワンちゃん。飼い主さんの帰りを窓から覗いて待っているのも、犬好きにはたまらない姿です。犬は無条件で人間に愛情を注いでくれますね。フワフワした詩の中には胸に突き刺さる言葉もあり、はっとさせられました。

4か月前

Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2244f4b97 4e82 4e13 99c0 a89e48252464