51fxq8g5lxl

日本人に「自虐史観のアホらしさ」を気づかせてくれたのはアメリカ人だった……ベストセラー連発、日本人より日本文化を深く知っているケント・ギルバートの新境地!... 続き

コメント

今、読んでおくべき一冊
TV 新聞では報道されない事も書かれている。

その他のコメント

謎多き隣国。位置も文化も近い漢字圏の隣国。何かと気になる隣国。

好き嫌いじゃなく、冷静に、丁寧に、よく注視すべきだということがよくわかった。
これは、この極東アジア出身じゃない著者だからこその冷静な書きぶりなのでは。

読者

Db368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028baC63ab005 2b22 4a6d 81d3 e3beb08402766c8aa383 dbb0 4ac6 92fc a86337a6255c6f010d11 5165 461f aef4 862b15e17f704692a598 08fe 4960 98c4 87c0f6eb1813A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57Dccc2d34 c877 4202 bf22 35032161a140129087d6 fb8f 41de bc9e a9622a5d6e6c 19人

新書

51lumtnedel
E85534e7 2bdb 4c35 aebf a6579fe16621

take

社会人2年目

日本における人口問題が体系的に書かれていて非常に勉強になりました。人口減少をチャンスと謳う論も、ままありますが、筆者は総論、人口減少を危機感を持って捉えるように。と警鐘を鳴らしていて、日本の直面する今、さらには未来の理解が深まったように思います。 著者が提唱されている「賢く縮む」道が現実的か思います。 母や自らの将来に思いを馳せる上でいい1冊になりました。

3日前

1b56cd93 4dda 4d56 a4d9 063aa1146824Picture99243ee0 23bf 4299 8a2e 183607d5bf70 11
51o2sydu3al
Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61

ボンソワール

音楽と酒とくだらないことが好きで…

熱量の高さ、音楽的見識の高さ。

3日前

41ygri59ncl
Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61

Toyohiro Kanazawa

ジャンル問わず

白秋作品を読むのに参考になる。作家の事を知らずに読むのと知って読むのでは、やはり違った印象になる。

4日前