Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51fxq8g5lxl

日本人に「自虐史観のアホらしさ」を気づかせてくれたのはアメリカ人だった……ベストセラー連発、日本人より日本文化を深く知っているケント・ギルバートの新境地!... 続き

コメント

今、読んでおくべき一冊
TV 新聞では報道されない事も書かれている。

その他のコメント

謎多き隣国。位置も文化も近い漢字圏の隣国。何かと気になる隣国。

好き嫌いじゃなく、冷静に、丁寧に、よく注視すべきだということがよくわかった。
これは、この極東アジア出身じゃない著者だからこその冷静な書きぶりなのでは。

読者

Db368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028baC63ab005 2b22 4a6d 81d3 e3beb08402766c8aa383 dbb0 4ac6 92fc a86337a6255c6f010d11 5165 461f aef4 862b15e17f704692a598 08fe 4960 98c4 87c0f6eb1813A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57Dccc2d34 c877 4202 bf22 35032161a140129087d6 fb8f 41de bc9e a9622a5d6e6c 19人

新書

分析哲学講義

分析哲学講義

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

lAube

本と映画と旅が好き。

思考の方法について考えさせられた1冊。 著者曰く分析哲学は、考えることと同じ営みの一部でありテーマの制限もなく、言語や概念の分析を通じて世界を捉えるための思考の道具である。 そしてその方法の独自性は、「まず世界があってそれを言語が写し取るという直感ではなく、まず言語があってそこから世界が開かれるという直感」(p.14)に支えられている。 であるならば…と思考は広がる。

約2時間前

「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート

「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート

5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777

ぱんだお

歴史、ファンタジー、ノンフィクシ…

電車の中でニヤニヤが止まらなくなる一冊。 日本を絶賛しているわけではなく、様々な批判も含まれているが、全てに作者のユーモアに溢れた皮肉が散りばめられていてとても楽しい。 お気に入りは日本人がとても正直な国民だという主張。 どんな人でもウソはつくが、日本人は正直だ。 なぜならホンネとタテマエの違いを嬉々として説明する。 また中判にある海外新聞の東京特派員ならではの悩みが意外に突き刺さる。 とりあえず私も彼がオススメしてくれた東京”裏”スポットに行ってみたい。

5日前

イギリス現代史

イギリス現代史

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元/皆様よろし…

1940年代より現在まで国家としてのイギリスの歩みをたどる。 イギリスで起きたことは日本でも起こるなんてことを何かで聞いた読んだ?ことがあったけど「1987年総選挙は保守党が勝利して、サッチャーは三期目の政権を担うことになった。しかし、この選挙までに保守党の支持は、南東部などの田園都市のなかでも、最も豊かなイングランドの地域に限定されるようになっていった。総選挙のあと、サッチャーは「社会などというものは存在しない」という有名な台詞を『女性自身』誌で述べ、自助を解く個人主義的原理を鮮明にして、教育、医療、行政に関する改革を進めていった。 教育における改革では、1988年の教育改革法は、イギリス帝国の植民地政策を批判するような「自虐史観の偏向教育」を「是正」するために、ナショナル・カリキュラムで全国の授業内容を画一化、全国共通学力テストを実施して学校別の評価を公表し序列化するという新保守主義と新自由主義の色彩を色濃くあわせもっていた。」P141 3 サッチャーの退場 既視感・・・・

10日前

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47940ebd71f1 23c7 4114 9355 d510a6e86319