413sp5svw2l

ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある。本書は... 続き

コメント

どことなくレトロで美しく官能的な短編集。
どの作品も最後の1行にゾクッとする。ミステリというよりはホラーかもしれない。

Finishing strokeにこだわって作られたらしい、つまりミステリの短編集

「バベルの会」というキーワードで全ての短編が繋がっていて、全ての作品が暗くてとりあえず誰かが死ぬ。それも普通ではない殺され方、かといってミステリ好きからしたら目新しい殺し方ではないかも(自分はあまりミステリを読まないのでわからないが)

ひとつひとつの短編は引き込まれるものがあるし、何かしらの知識がないと書けるものではないと思った

読者

03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c867d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf80c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f693B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8497c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb 8人

米澤穂信の本

満願

満願

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

松本清張の有名な短編を手にした時の気持ちが蘇る。って帯に惹かれて購入。驚異の三冠だってさ。 途中でやめました。

9か月前

7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77dC06c8117 e1ff 464a a0b3 a143c2552a59 68