Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41un ansvql

コメント

酒井 順子著 文藝春秋

名著「負け犬の遠吠え」の作者酒井 順子さんがいろいろな先輩方と負け犬談議の対談をまとめた対談集です。対談相手の先達には、阿川 佐和子さん、内田 春菊さん、小倉 千加子さん(結婚する事とは何なのかを分析したの名著「結婚の条件」の作者!)、等々計10名の方々との対談です。なかなか楽しい対談集だと思います、若干名おそらく「負け犬の遠吠え」をちゃんと読まないで対談されているのでは?という方もいらっしゃいますが…。

私自身オスの負け犬です。結婚してない、子供いない、30才以上です。が、女でない為に、“女として”という刷り込みはありません(もちろん男としての刷り込みはありますが、恐らく女としての刷り込みよりは自由です。また刷り込みのない人生はありませんよね、日本語を使う事だってある意味刷り込みです)。

女はこうあるべきだ!という刷り込み(もしくは幻想と言っても良いかも知れません)があまりに強すぎる場合に負け犬問題が(私は正直、問題ではないと思いますが)起こっているのだと認識しています。刷り込みから自由になるのは難しい事ですが、それぞれ人は違って良いし、他人に必要以上の迷惑をかけなければ(もっとも、生きていれば他人に接する事でいろいろ影響をかけ合っているのですが、一定以上の影響を迷惑というと私は考えます。ある程度の迷惑はかけて当たり前だと。)その人の責任において自由であるべきだと思います。

著者も本文中で述べていますが、負け犬だから不幸という事はありませんし、勝ち犬が必ずしも幸福であるはずもありません。ただ、他人の目からはいらぬ心配をかけられ、結婚の心配をされ、また、女として『負けて』見られる。女という刷り込みや幻想はとても強いです(そのうえ日本は同調圧力が強すぎると思われます)。もっとも、「負け犬」って単語がインパクト強すぎるのと、新しく酒井さんが単語に付与させた意味が世間的に浸透するまでに時間のギャップがあったので致し方が無い所でもあると思います。

なかなか面白い対談集でした、オススメです。

2007年 1月

読者

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

酒井順子の本

女子と鉄道

女子と鉄道

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

最近は多くなって来たけど、女性の鉄道愛好家としてはかなり早い頃から知られていた酒井順子さんのエッセイ集。 10年以上前の内容なのでネタ的な古さは否めないものの、同じ鉄道好きでも男性と女性とでは随分視点が違うなと楽しめる一冊。

約1か月前

男尊女子

男尊女子

632383ed 6e1b 4578 882c a2dc1fb70cb5

sake_sake39

毎日、たくさんの方々に囲まれて生…

まえがき相当の、「はじめに」を読むだけでも面白い。女性読者想定だが、男性読者もおすすめ。むしろ、バブル世代後の世代が読むと、新しい発見ありそう。

5か月前

Icon user placeholder497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d338B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5