513fkb2634l

コメント

資料として読んだ。
人間は似たようなことずっと考えてるんだな

その他のコメント

生命の永遠性を知れる作品。死を経験した者は特に、この本を読むべきだ。コッテコテのキリスト思想を基に物語は進むが、人間の真髄を描いてる。偏りはいけないが 中庸的な目線で読むのなら素晴らしい作品。

読者

F32c7241 9f05 4143 8ffd 1263c60db098000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8C12da6bb 456a 46dd 92d8 d5bc2b8c823dCd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee23827cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5Bf3cc9c3 bfba 4438 b90d e46137074ccf05d8182e 87bc 48b6 a94a 50615cb7dd38C8965daa 49e3 4c46 a9f9 0d86a9210e61 8人

トルストイの本

(008)罪

(008)罪

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2

かやこ

3時間くらいでいいから猫になりた…

「第三の鳩の物語」 鳩の三人称が彼女なのはなんか意味があるのかなーと思ったけど大地の神って圧倒的に女神が多いもんな、と納得 「小さな出来事」 道徳の教科書に載ってそう 「神父セルギイ」 1840年代の貞操観念は極端だけど180年足らずでは人間の考えることって大きく変わらないんだな。

約2年前

戦争と平和 (2)

戦争と平和 (2)

8b21d536 8a5d 457e ae55 24cd1f5026d4

marz

漱石→三島→小林→聖書

『だがもしかしたら、あれらすべての友人たちは、おれとまったく同じように、人生に何か新しい自分の道を求めて、もがき苦しんだが、やはりおれのように、環境や、社会や、育ちなど、人間の力では抗しきれぬあの自然の力によって、やはりおれと同じところへおし流されてしまったのかもしれない』実在の社会や人物を描写し続けるような表現には嘆息しかない。

2年前