51zeeuyyrhl

発行元から

個々の人々の想いと、歴史のうねり。
小林エリカさんは近い将来、この国の最も重要な表現者の一人になるだろう。
――中村文則(帯コメントより)

小説「マダム・キュリーと朝食を」で芥川賞・三島賞候補となった
小林エリカがひもとく〈放射能〉の歴史。

マンガ表現の最先端がここにある。

・ マリ・キュリーが発見した新元素ラジウムは、長寿の妙薬として世界的ブームに。
・ アインシュタイン〈一般相対性理論〉発表。
・ ヒトラー率いるナチスの台頭。
・〝原爆の母〟リーゼ・マイトナーとオットー・ハーン共同研究による〈核分裂〉の発見。
・ アメリカで「マンハッタンプロジェクト」始動
・ 広島と長崎に原子爆弾投下

―― “希望の光”はいかにして兵器となり、歴史的悲劇をもたらしたのか。

巻末には放射能をとりまく歴史が一目でわかる年表と地図、ブックリストも収録。
1898年、マリ・キュリーによって名付けられた〈放射能〉と、
今日直面するエネルギー問題のつながりを、
2011年生まれの光少年と猫のエルヴィンが案内します。

小林エリカの本

文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち

文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

めちゃめちゃ面白かった… 「しびれる」言葉がいっぱいだった。 翻訳というのは本当に創意工夫に富んだ行為なのだなぁ。 ついついストーリーだけを読み取りがちになってしまうけど、元の文章は?どう翻訳されているのか?リズムのための工夫は?などにも注目したらもううっとりするくらい文章って魅力的。 言葉は面白い。文章は面白い。 もっともっと文章が読みたい。

2年前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869A971fc21 d0fd 4075 91fc eb1e666a4995A0cdfa53 e259 4f1c 96c0 2fe3163259e1 11