41f3ychbsel

たったひとり、モディアノの語り手は、いつも真っ白な現実にむきあわなくてはならない。彼らはいったいどこへ消えたのか?誰が悪いと責めることもできず、主人公はそ... 続き

コメント

美しいなぁ〜ってお話しとか、読んだ後に考えさせられるような哲学ちっくな小説が好きなんだけど。それと比べるとモディアノって淡々としてるんだけど。読んじゃう。

その他のコメント

表紙絵のごとく物憂い世界観。えも言われぬ物哀しさもある。私、この作者に間違いなくハマる。

読者

Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241F2c839bc b142 4633 a5ef 4b3a02e57b98Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5B4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a65 5人

パトリック・モディアノの本

さびしい宝石

さびしい宝石

38388923 5306 4f90 a069 3d072eea20d1

sachi

空いた時間にちょこちょこマイペー…

初めてのモディアノ作品。 派手さはなく、淡々とした文章。 どうするんだろうって気になって、ページをめくる手が止まらなかった。 過去の真実を知ることで自分の何かを変えたくて、葛藤している主人公の気持ちに共感。 決して明るい物語ではないけど、主人公の未来に一筋の光が見えるような気がした。

約3年前