51hpqpwarrl

作家、書店員、恩師、友人、恋人…生前近しかった13人による書き下ろしコラムと雑誌「幻想文学」に掲載されたブックレビュー7篇も特別収録。 続き

コメント

これだけあればいい。
この一冊を超える本に、まだ出会えていない。
世界に絶望したら読む本。
ひりひりと美しい。

2003年1月26日(日)その4 の日記。
「不在の神を追究しつづけたい。真理はさらに先にあると、あなたは神ではないと言い続けたい。」
この日記が私にとって、この物語の核です。

どの面に光を当ててもキラキラ輝く、宝石みたいな人。感受性のかたまりみたいな人。
でも、自分を磨いて磨いて磨ききって、少しでも曇ってると許されないと思って生きてきた人。

本、おしゃれ、美術、季節、世界、いろんなものとの向き合い方が全力で素直で真剣で、奥歯さんを見てると背筋が伸びます。
そして欲張りで背伸びかもしれないですが、奥歯さんの見ていた景色のもっと先を、いつか見れたらと思ってしまう。

この本を世に出してくれた、ポプラ社の斉藤尚美さんにも、大きな尊敬と感謝を送りたいです。

読者

Icon user placeholder252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c72c18881 77a4 4682 bff9 ece902bdaa1c89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e5b3edbd4 ddf5 40b4 87b9 8a21a7958ca94f83c3e7 22f2 4298 80af 1e325de168a66cad0e59 f89d 42e2 bbe3 d074933c13353a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b992 8人

文芸

ガソリン生活

ガソリン生活

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

ミステリー中毒だった自分に、ホットさせる一冊。生きているものは偉いわけでもなく、人間の手で熱意を持って生み出され、愛情をかけて大事にされたモノであれば、心はあるのかもしれない、 なあんて幻想もさせてくれる。 弟のりょうがユーモアにあふれる、かしこい子供で、発言や行動のたびに見入ってしまう。

約13時間前

F0481dd6 d29c 49a2 a268 34f8498069883acd53d0 50f4 46ba 9163 55fea0559179Edb188ea 78d9 4fe4 a7c2 f8b29dd63ff5 64