51qurvni%2brl

アメリカにいるから、考えること。そこにいないから、考えられること。2016年11月8日、わたしはアメリカで歴史的瞬間に居合わせた、はずだった――。世界各国... 続き

コメント

「そして日本語が話せない毎日の中で自分が話したいと思うのは、話したいと体の奥から湧き出てくるのも、いつも大阪の言葉だった。」P.268、この自分のアイデンティティを認識する、視界がスッと晴れたような腑に落ちる感覚の心地よさ。
アーミッシュの村を訪れた後遠く離れたロンドンで回想する『とうもろこし畑の七面鳥』散文詩的な「どこまでも続くとうもろこし畑、緑色と枯草色。地平線。密度の薄い空間。途方もない空気の量。人間の気配のない、広大な土地。」P.85、アメリカンの質感にグッとくる

読者

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eE96be402 f5d2 4380 85c1 ffca9f55aaed0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c1ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f370823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58fIcon user placeholderD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f986980d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a 12人

柴崎友香の本