51vnks d9cl

二〇一四年、芦田愛菜主演で映画公開決定!三つ子の姉をもつ琴子は、口が悪く偏屈な小学三年生。周りの価値観とぶつかり、悩み考え成長する姿をユーモラスに温かく描... 続き

コメント

西さん大好き!とか言っておきながら、最近人に勧められてやっと読んだら……西さんの中で、いっちばん好きだった!感謝(驚)だったー!!

円卓のようにぐるぐる回る思考。ぐるぐる変わる周り。ぐるぐる悩むこっこちゃん。
西加奈子さんを読んでみよう、と思ったらこちらから。

子供の目線から描かれている世界。言葉のリズムも楽しい。少し太宰治にも通じるような感じがしました。この本をキッカケに西加奈子さんにハマりそう。

ダイオウイカで西加奈子にハマり、購入〜そして、また電車じゃ読めない一冊にw映画化もされてます♫

2017.11.06
大人になるにつれ、鈍くなっていく感覚。退屈な日常にも捉えようによっては大事な何かが詰まってる。ワシも随分と感じることに疲れた大人になったものだと気付かされた。

いやー
すごい複雑だけど清々しい気持ちになれた。
子供っていいなあと思ったし、表紙の絵が作品をまんま表してると気づいた。

なんと言っても子供らしい感性の瑞々しさ!誰もが大人になって忘れかけていたノスタルジィを突然フラッシュバックさせるかのような衝撃。それを文章で紡げるという感動。とかく幼少時代の言葉に出来ない何かを形に出来ているのが素晴らしい。
これは西加奈子にしか書けない一冊。

何か笑えるような本はないか…と探していて出会いました。
小学生のこっこちゃんは孤独になりたい。「いうて孤独やわ」と言いたい。ものもらいになった女の子に憧れて、眼帯をつけちゃうこっこちゃん。
100%笑えます。

STANDのおすすめでみつけて読んでみました^_^
たのしかった

今思い返すと心がむずがゆくなるような、幼い頃のプライド。でも、どんなにつまらなくても真剣なんです。こっこは深い。

西加奈子さん三作目。
どんな年齢でも、どんな境遇でも、主人公のこの不思議な感じは共通なのですね。
小学生ということもあり、面白いなーと思うところもありました。
読後、色々なワードが頭の中をプカプカします。
それも西加奈子さんらしいというのでしょうね。

こっこが可愛い。西加奈子、ふくわらいと2作しか読んでないけど、こっちの方が好き。まなちゃんの映画見てみたい。

アメトーークの読書芸人を見てから気になっていた作家さん。これが1冊目で良かった。心がちょっと柔らかくなれる共にこっこと共に成長できました。ますますファンになりました〜

こっこが憧れた孤独を、体感していくのを鮮やかに描いていて素敵。わかる、ことの瑞々しさ。

少女時代の記憶がほとんどない自分にとっては、驚きが多いお話でした。子供って面白い!

こっこに憧れる。

読者

562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49aD186e399 1304 4e82 b92c a815c9d4787f3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29C40bc51c cd12 463a b8ba 15ae7b3e858066840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fF74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca 65人

西加奈子の本

うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

約2か月前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921848361a42b c96a 48a7 b536 1855e6c2d3d6 16
炎上する君

炎上する君

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

”この三年間であなたが一番得意になったことは、あきらめることだ。” ”でも今、数々の「あきらめ切れなかった」事々を思い出し、あなたは不思議に思う。”

5か月前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02eEf3755db 66f1 4464 b596 09af95625a9f 15
おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

11か月前

A163ca5f 18b0 48a7 9c9f 17ce4a8f91f8F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4eA7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2 70
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

11か月前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d27996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84907e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619