51vnks d9cl

二〇一四年、芦田愛菜主演で映画公開決定!三つ子の姉をもつ琴子は、口が悪く偏屈な小学三年生。周りの価値観とぶつかり、悩み考え成長する姿をユーモラスに温かく描... 続き

コメント

西加奈子さん三作目。
どんな年齢でも、どんな境遇でも、主人公のこの不思議な感じは共通なのですね。
小学生ということもあり、面白いなーと思うところもありました。
読後、色々なワードが頭の中をプカプカします。
それも西加奈子さんらしいというのでしょうね。

その他のコメント

読者

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd292d12f1fd 7f7c 49e3 a1e4 739cec1c087566840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fF74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca07f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29eIcon user placeholderIcon user placeholder 62人

西加奈子の本

炎上する君

炎上する君

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

”この三年間であなたが一番得意になったことは、あきらめることだ。” ”でも今、数々の「あきらめ切れなかった」事々を思い出し、あなたは不思議に思う。”

2か月前

D7afe709 7129 464c a1ca 58024495f2ad33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737536e84d6 c9f3 4e6e 832a a91ecbf069a2 13
おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

8か月前

7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Eeace204 92cd 45f3 bee9 043d2493b4ee 63
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

8か月前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74
サラバ! 下

サラバ! 下

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

一気に読めました。 楽しかったし、興味もそそられた。 ただ、上中下とも表装が好きじゃない。 物語は良かったよ。

9か月前

3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaAd7825af 31c7 446b af9e 8f3c399104ac86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841 76