51trjhuu8rl

「ゴジラ」「ウルトラマン」等を作り上げた世界の特撮の神様・円谷英二。彼の創作の原点は、逆境の中でいかに情熱的に物事に取り組むかであった。「まず『出来る』っ... 続き

コメント

最近、映画『シンゴジラ』を見た流れから、その産みの親とも言える円谷英二氏の言葉にふれてみたいと思い、手にした。

特撮の神様の173の言葉たち。
そこから感じられたのは、映画作りに対して妥協を許さない姿勢、新しいものに対する欲求とそれを手に入れるための経済観念のなさ、そして志を同じくするものに対する家族愛にも似た深い愛情。

日本が世界に誇れる文化がこうして出来上がり、だからこそ跡を継ぐものも出てくるのだろう。

読者

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

文庫

崖の館

崖の館

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

1977年作品。デビュー作の『雪の断章』の次に書かれたのが本作。 この作品で、作者ははじめての本格的なミステリ作品に挑戦している。前作がリリカルサスペンスなら、今回はリリカルミステリーというところだろうか。 不可解な死を遂げた美しい従兄弟、千波。それは事故なのか、他殺なのか?彼女の死から二年後、館に集まった6人の従兄弟たちが、その真相を探ろうとする中で新しい事件が起こる。 不在の在という手法がある。その人物はもはや存在しない(あるいは登場しない)のだが、周囲の人間たちにその人柄、行動、足跡を語らせることで、本人を描かずして、その存在を際立たせるのだ。 既に死んでいる千波の存在感が大きく、事件の謎を解くことで、千波の人物像がより鮮明になってくる。犯人の動機がかなり特殊なものであるだけに、この構成が、見事に成功している。 とはいえ、この作者独自の過剰に詩的な筆致は健在なので、読み手を選ぶ作品であるのは確か。 荒涼とした北の大地で繰り広げられる惨劇の顛末を、幻想的な雰囲気の中に閉じ込めるには、最適の文体ではあったかと思うけど。

約8時間前

レヴォリューションNo.0

レヴォリューションNo.0

1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25

あかねる

恋愛小説を読むと尻が痒くなるので…

ゾンビーズシリーズ第0弾。シリーズ最後となるが時系列的には1作目の「レヴォリューションNo.3」より前の話。ゾンビーズが大好きで大好きでこの本も発売をものすごく楽しみにしてて読んだが、その後1度も読み返してない。期待が大きすぎてガッカリしたという自分勝手な理由です。

約23時間前

B4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbe3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333Af663ff4 7637 486d 92ce ba17b8715718 8
GO

GO

1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25

あかねる

恋愛小説を読むと尻が痒くなるので…

在日コリアンの男子高校生の葛藤とイライラと純粋さと矛盾する全てを詰め込んだ金城さんの自叙伝的小説。世の中の全ての人に勧めたい。映画も最高にカッコ良かった。

約23時間前

3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333Af663ff4 7637 486d 92ce ba17b871571853f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832 17