Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51trjhuu8rl

「ゴジラ」「ウルトラマン」等を作り上げた世界の特撮の神様・円谷英二。彼の創作の原点は、逆境の中でいかに情熱的に物事に取り組むかであった。「まず『出来る』っ... 続き

コメント

最近、映画『シンゴジラ』を見た流れから、その産みの親とも言える円谷英二氏の言葉にふれてみたいと思い、手にした。

特撮の神様の173の言葉たち。
そこから感じられたのは、映画作りに対して妥協を許さない姿勢、新しいものに対する欲求とそれを手に入れるための経済観念のなさ、そして志を同じくするものに対する家族愛にも似た深い愛情。

日本が世界に誇れる文化がこうして出来上がり、だからこそ跡を継ぐものも出てくるのだろう。

読者

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

文庫

慟哭

慟哭

Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c

しずか

本、読む人の横顔も好きです

悲しみの深さを他人(ひと)ははかることができない、と思った。2つの視点から交互に重なっていく。 暗い。陰湿すぎず重たすぎず。暗い。暗いから面白い。 2日で読み終わった。 慟哭 《どうこく》 悲しさのあまり、激しく嘆き泣くこと。

1日前

9871ba3a 3f57 43cd 8a67 21df7d513310Icon user placeholder3f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b 27